前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

Terri Lyne Carrington / Structure

 structure-2.jpg

Terri Lyne Carrington (ds, perc, voc-3)
Adam Rogers (ag, eg)
Jimmy Haslip (b)
Greg Osby (as)

Recorded in November 2003 at Castle Oaks Studio, Calabasas, CA USA
ACT 9427-2 (2004)

01. Mindful Intent
02. Black Halo
03. Ethiopia
04. The Invisible
05. Spiral
06. Facets Squared
07. Solace
08. Fire
09. Omega
10. Columbus, Ohio

先日来、Greg Osby を聴く機会があり、その流れで聴いた一枚。
リーダーの 女性ドラマーTerri Lyne Carrington(B1965) は、参加作では、けっこう購入歴はあるのだが、リーダー作では、唯一の所有盤。
本作は、Adam Rogers と Greg Osby 参加のピアノレスという編成が魅力で手を出したような記憶がある。

内容は、M3のJoni Mitchell曲以外は、メンバーのオリジナルを持ち寄ったという内容で、非4ビート主体のコンテンポラリーテイストに溢れたもの。

終始、多彩なワザを織りまぜてのセンシティブなTerri Lyneのドラミングをバックに、多少ダーク寄りの緊張を伴う空気感を振りまく Osby のアルトと
クリアートーンでクールに疾走する Rogers のギターとの絡みが放出するフレーバーが絶妙のクールサウンドを生み出しており、10年以上前の作だが、
そのカッティングエッジなテイストに経年変化による劣化は、全く感じられない。

M3 “Ethiopia” における、ちょっと鼻にかかった声質とともにスピリットに溢れた Terri Lyne のボーカルもGood。
M7 Terri Lyne のオリジナルバラード“Solace” での Osby の抑えたアルトが超クール。そしてRogersのアコギ。
M8 “Fire” Terri Lyne の乱れ打ちが炸裂し、RogersのギターそしてOsbyのアルトがうねる。Terri Lyneのドラマーとしての能力の高さもよく出た 1曲。
.............などなど、聴きどころ満載。

Terri Lyne Carrington の巧みな煽りで、Osby, Rogers の2トップもベストプレイを見せており、特にRogersファンにとっては、外せない1枚だ。

JAZZ-other instrument 40
Terri Lyne Carrington
スポンサーサイト

Newer Entry塩辛

Older Entry201612-3

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
> < 06