前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Medeski Scofield Martin & Wood / Out Louder

  John Medeski (keyboards)
  John Scofield (guitars)
  Billy Martin (drums, percussion)
  Chris Wood (basses)

  Recoded January 2006 (disk1) and November 25, 2006 (disc2)
  Indirecto Records (2007)

  discOne
  01. Little Walter Rides Again
  02. Miles Behind
                      03. In Case The World Changers Its Mind
                      04. Tequila and Chocolate
                      05. Tootie Ma is A Big Fine Thing
                      06. Cachaca
                      07. Hanuman
                      08. Telegraph
                      09. What Now
                      10. Julia
                      11. Down the Tube
                      12. Lagalize It

                      discTwo
                      01. A Go Go
                      02. Cachaca
                      03. The Tube
                      04. Amazing Grace
                      05. Deadzy
                      06. What Now

Medeski 集中聴きの流れで聴いた本作だが、MMW+Scofield ということで “MSMW” 名義でリリースされた最初の作になり、後に
“MSMW Live(2011)” “Juice(2014)” と続編もリリースされる長年続くプロジェクト。
当時は、disc1のみのものが先行発売され、後にライブ盤が加わり2枚組として出たのが本作。
彼らのスタイルから、ライブの方に、より魅力を感じるのは自然の流れということで、迷うことなくこちらをゲットしたような記憶がある。

私的には、やはり disc2 のライブの方の内容により魅力を感じるものがあった。彼らの音楽から、何度もテイクを重ねてというのは、ピンとこないものも
あるが、disc1 のスタジオ録音も、やはり一発録りであるらしい。
disc1と2でそのテイストの違いは、聴衆の有無が結果に微妙な違いを出したのだろう。聴衆の生の反応を肌に感じつつの音楽は、いろんな意味で、より
Up - down の幅の激しいものとなる可能性を秘めているのだが、本作においても、disc1の比較的安定した内容と比べると、disc2は、まずいところは
まずいというデコボコ感はあるものの、ピークとなるポイントでは、明らかに高いレベルまで到達しており、彼らの音楽の性質から、望んでいた環境も、
まさにこちらの方なのではないだろうか。
同じ曲 “Cachaca” “What Now” がそれぞれに入っており、聴き比べれば、粗さもでるが、このバンドは、ライブという環境が、彼らの能力をより高い
レベルで引き出す可能性がある場であることを感じる。

Scofield の Bluesの表現でちょっとというところもある。
Bluesギタリストが多用したフレーズ、その影響がロック系ギタリストにも顕著に感じられたニューロック、アートロックなどと呼ばれた時代から延々と使わ
れてきた、もはやアドリブというより、定番のフレーズの数々。たぶん Scofield もそのあたりのものをいやというほど聴いて育ってきた口なのだろう。
なじみのフレーズが、随所に出てしまい、ちょっと興ざめといった場面もある。コンディションの良い時は、独自性溢れたフレーズの展開も見せるScofield
だが、これが一発勝負のライブというもの、アイデア不足に陥ってしまうこともある。リスクより可能性を求めた結果であり、その姿勢には納得。 だから
こそのLive のおもしろさとも言えるのだが。

形の上では、フロントに立つギターのScofield が引っ張っているようでもあるのだが、大きく見れば、MMWの音楽の中でのScofield だし、それを
コントロールしてるのもMedeski と私的には受け取っている。

ということで、夏場から続けてきた John Medeski 関連作のシリーズ、このまま続けても年内に、切りよく終わる見通しも全くたたず、ちょっと息切れして
きたこともあり、一端、間を置いて、機を見てということにします。

Jazz-organ 190
MSMW
スポンサーサイト

Newer Entry201612-1

Older Entry201611-8

 

Comments

Leave a comment







1
3
4
5
7
8
9
11
12
14
17
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30
31
> < 03