前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Rale Micic / Night Music

  Rale Micic (g)
  Danny Grissett (p)
  Corcoran Holt (b)
  Jonathan Blake (ds)

  WCS086 (Whaling City Sound) 2016

  01. Hotel Insomnia
  02. Jano
  03. Melody in a Mist
  04. Late Call
                       05. Blue
                       06. Nocturne
                       07. Night Music
                       08. Nocturne (reprise)
                       09. Afterparty
                       10. Sunrise
                       11. Color of the Sun

セルビア出身のギタリスト Rale Micic(レイル・ミシック B1975)は、過去にも購入歴はあり、地味、堅実といった印象もあったせいか、強いインパクト
の記憶としては残っていないのだが、私的好み外のギタリストとして、悪い印象を持ったというわけでもなく、単に印象が薄かったといったことである。
彼の米国での活動も2000年代前半ぐらいからだったと思うので、かれこれ10数年経っているわけだが、その割に大きなスポットが当たることもなく、
知名度がいまいちという状況も、そのハデさのない堅実なプレイといったあたりが多分に影響しているのかもしれない。

本作は、私的には、ちょうど Micic とは似たような印象もあり、地味ながら、それなりに惹かれるところもあり、過去には2度、生でも聴いてきたという
ピアニスト Danny Grissett の参加とともにJonathan Blake の参加が音楽に良いイメージができたので手を出してみた。

本作も一聴して、やはりキラビやかな光沢感のない裏通りでも思い出すようなマイナー感が漂う。そういう意味では、内容と全く関係ないとも思えるような
ジャケットのアートワークも多い昨今、内容をうまくイメージしたジャケットになっているのかな。
このマイナー感というのは、イコール音楽の魅力に欠けるということではない。二流、マイナー、B級.............といった中に見出す好印象に、何か特別の
ものを感じることがある。この辺は、ことばで説明するのは、むずかしい。己の感性が、直感的、瞬時に受け取る感覚なので..............そもそも、ことばで
表現することの不可の領域があるからこその音楽であり、そういうものだと思っている。
Micic の持つ今を感じさせる空気感は、コンテンポラリー系と言ってよいものだ。ただ、先端の方で先進性ある空気を振りまくといったタイプではなく、
あくまで中庸を行くということで、あの新しい音創りの現場独特の張りつめた空気感みたいなものは、音楽にはなく、安心して身を任していられる音楽
といった感じだろうか。通常、こういったケースで、私的感覚では、魅力に欠けるといった受け取りをすることも多いのだが、そういった方向には、ならす゜
何か惹かれるものも感ずるのは、全ては、このギタリストの持つ感性によるところなのだろう。
ハイテクの力技で押しまくるタイプでもない彼だけに、そこにストロングポイントがあるのは、大きい。
昨今は、逆に感性面の魅力に欠けるが、ハイテクで惑わすというギタリストも多いという中、これが正常な形と言えるのかもしれない。

自分の好みかもしれないが、マイナー系の曲調のものにより魅力が出る感性と感じる。Grissett の端正なピアノも相性が良い。
M4 “Late Call” 、ちょい速めの4ビートの中でのMicicのギター、スムーズな運びのフィンガリングが実に気持ちが良い。

地味ながらなかなかの好盤というのが率直な感想だが、その虚飾、ハッタリのない「地味」という部分に好印象を持つ。

JAZZ-guitar 172
Rale Micic
スポンサーサイト

Newer Entry201611-8

Older Entry君の名は。

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06