前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

Matt Brewer / Unspoken

  Matt Brewer (b)
  Ben Wendel (ts)
  Charles Altura (g)
  Aaron Parks (p)
  Tyshawn Sorey (ds)

  Recorded at Systems Two Recording Studios, Brooklyn, N.Y., February 19, 2016
  CRISS1390CD (CRISS CROSS) 2016

  1. Juno
  2. Unspoken
                     3. Twenty Years
                     4. Lunar
                     5. Evil Song
                     6. Cheryl
                     7. Anthem
                     8. Aspiring to Normaicy
                     9. Tesuque

参加作では、度々聴いてきた Matt Brewer ですが、リーダー作の入手は、これが初めてとなる本作。
Frisell(M3)、Parker(M6)曲の他、すべて自身のオリジナルという内容。

初回印象での、全体に、やや内省的で、ダーク寄りという質感は、私的には好みの世界ではあるのだが..................
漂いつつ流れていくような、つかみ所のないような雰囲気もありつつ、繰り返すと、結構ハマるといったところもあるのだが、基本的にけっこう作り込んだ
音の流れは、もちろんそれぞれの自由なスペースは、あるものの、大きく見ればアンサンブルで聴かせるといった印象も残り、あらかじめ敷いたレールの上を
行くという部分が多くを占めることで、スリル感に乏しいといった印象もわずかに残るが、そこを求めた音楽ではないと思うので、しょうがないところなの
でしょう。
全体に策を弄し過ぎた感も残り、その点では、唯一の非オリジナルの Parker 曲 M6 “Cheryl” が最も生き生きとした出来となっているというのが何とも.....。
より自由を求める中から、より可能性をというのが自分の好みの形でもあるので、ちょっとそんな印象も持つところもあるのだが、緻密に作り込んだ音楽
として非常に良い仕上がりとも感じているところもあり、好みの部分、そうでない部分が同居しているような、判断に迷う内容だ。

Aaron Parks のピアノが、内省的、ちょいダークという質感の中によく馴染んでいる。
抑え気味のブロウで漂うように空間の密度に変化を加えていく Ben Wendel のテナーは、どこか Mark Turner とイメージが重なる。
リーダー Brewer が、基本となる土台をしっかりキープする中で、そこに刺激を加えていく Tyshawn Sorey のドラミングも貢献度大。

ちょうど同時期の Tom Harrell の新作(Something Gold, Something Blue)でも、ちょっと気になるプレイをしていた Charles Altura ですが、本作同様、
あくまで他人のコンポジションの中での動き、リーダー作など、自身のやりたいようにやった音楽の中でその感性を確認してみたいし、そう思わせる
ギタリストだ。本作は、あくまで参考物件、限られた出番という中で、見えてこない部分も多いと感じている。リーダー作を期待したい。

好みの部分がありつつ、そうでない部分が、そこを打ち消してしまうようなところもあり、トータルに見れば、好みモードで星4ツまではちょっとといった
ところか。

JAZZ-other instrument 38
Matt Brewer
スポンサーサイト

Newer Entry201611-1

Older Entry201610-5

 

Comments

Edit
この男の前作はラーゲ参加と云う事で購入したんですがラーゲ度は低かったですね。
でも結構好きな感じのアルバムでした。
今回のアルトゥーラの露出度はどうですか?
その辺が気になって購入控えてんですが。
EditRe: タイトルなし
Gさん どうも

Alturaのギター目当てということになると
まともにソロが入るのは、2曲ということで、物足りなく感じると思います。
ピアノレス4で聴いてみたいとも思いますが
Brewerの音楽の中で、このParksの役をこなすのは、
ちょっと荷が重いかなといったのが、現時点でのAlturaの率直な印象です。
ただ今後、どういった変化を見せてくれるのか、そんな期待もさせられるギタリスト
であることはまちがいないですね。
Chic CdreaのグループでのAlturaは、元々Coreaが苦手だったこともあり、
手を出してませんが、Tom Harrell盤の方は、好印象を持ちました。
でも、やっぱり、とにかくリーダー作を聴いてみたいですね。

話変わって
コイは、エラい状況になってしまいましたね。
最初の地元での勢いでは、こんなになるとは、思わなかったんですが、
黒田をちゃんと送り出すためにも、絶対勝たにぁあいかんシリーズだったのに.........
まあ、成り行き見させてもらいましょう。

Leave a comment







1
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 05