前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Dick De Graaf / Out of the Blues-Celebrating The Music of Oliver Nelson

Out0fTheBlues.jpg  Dick De Graaf (ts, ss)
  Arno Krijger (Hammond organ + bass pedals)
  Pascal Vermeer (ds)

  SR04 (SOUNDROOTS) 2012

  01. Blues and the Abstract Truth
  02. March On, March On
  03. Stolen Moments
  04. Teenie’s Blues
                     05. Elegy for a Duck
                     06. Images
                     07. Mama Lou
                     08. Six and Four
                     09. Three Seconds
                     10. Example 78

オランダのsax奏者 Dick De Graaf によるOliver Nelson作品集。
好みのオルガニストながら露出が少なく、なかなか聴ける機会も限られるという状況のオランダの Arno Krijger(B1972) の参加もありゲットした
もの。したがってカテゴリー”オルガン”の記事とします。

リーダーの Graaf は、オランダでは実力派の名の知れたベテランサックス奏者だが、聴くのは今回初。内容の方は、Oliver Nelsonの音楽を今の
空気感も漂うものとしてうまくアレンジし、まとめているといった印象。感性としては、コンテンポラリー系と言ってもいいのだが、決して流れの先頭に
立って舵を切っていくといったタイプではなく、中流から下流で持ち味を出すといったタイプと見る。
したがって本作も、一言で言うならば分かりやすく聴きやすいものとなっているのだが、それでも決してイージーな要素はなく、今のJazzになっている
あたりが、このベテラン Graff のセンスなのだろう。

さてお目当ての Krijger、オランダでは、年令面でギタリストの Jesse Van Ruller と同世代となるんですね。ちょうど40での参加作ということで、
プレイ面にもその脂ののった時期といったものを感じさせる場面が随所にあります。
特別に黒っぽく、ブルージーにするような、オルガンを他楽器とは違う特殊な世界にしてしまっていたあの前世紀を引きずった感覚も無く、典型的な
今の時代を生きるJazzオルガニストの感性だ。
ハデな太刀回りは無く、地味な印象も受けるが、その知的なプレイぶりには、妙に納得させられるものがある。
M2 “March On, March On” でのソロにおける繰り出してくるフレーズの流れなどを聴いているとゾクゾクするようなものもあり、露出が少ないという
現状が非常に残念に思える。

プレイ面での特徴として、通常、Jazzオルガニストの場合、左手でベースラインを刻むのがほとんどで、たとえフットペダルを使う場合でもあくまで補助的
に使うというスタイルが主流。それは左足でラインを刻むという技術的なこともあるのだが、足で弾くことで、どうしてもラインに粘りが無く、ボン、ボン、
ボン..........と単調になりがちで、それを嫌って左手を使うといった側面もあるのだが、そういった状況の中でこの Krijger は、少数派のフットペダルの
使い手でもある。といったことで、やはりベースラインに粘っこさが不足ぎみで、その点での多少の不満は感じるものの、逆に解放された左手による
コードの響きがサウンドに厚みを出すとともに個性にもなっているというプラスの面も引き出している。
このフットペダルの使い手では、ドイツのBarbara Dennerleinあたりが、第一人者と言ってもいいのだろうか。その彼女も使いこなせるようになるまで
は、長い時間を要しており、プロのジャズコンボにおけるベースとしての役割を、それなりに納得できるレベルでフットペダルをこなすのは、難しいものがある。
一方、そういったベースも自身でというオルガニストのこだわりとは、関係なく、John Medeskiのように結果重視で専任のベーシストを使うという
オルガニストもいる。この辺の考え方は、一概にどれがベストとも言えないが、 私的には、やはり目的は最終的に音楽の出来、そのためのベストの手段を
選択すべきだろう。もし、ベースラインもこなしてオルガニストとして一丁前などというヘンなこだわりを持っているとしたら、それは無用のものだ。
目的はあくまで音楽、オルガニストにとってベースもこなすことの負担は大きく、もしそれが結果的に音楽の質を落とすならば、無用のこだわりは捨て、
専任のベーシストを起用すべきだろう。それによりベーシストからのアイデアや刺激により音楽全体の質が大きく変わる可能性も考えられる。
もちろん、これが全てのオルガニストにあてはまることではないが。

その他のArno Krijger 関連記事は → こちらから

JAZZ-organ 182
Dick De Graaf

スポンサーサイト

Newer Entry201604-1

Older Entry201603-9

 

Comments

Leave a comment







1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09