前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Lonnie Smith / Evolution

  Dr. Lonnie Smith (org, key)
  Robert Glasper (p-1)
  Joe Dyson (ds-1,2,3,5,7)
  Jonathan Blake (ds-1,2,3,4,5,6,7)
  John Ellis (ts,fl-1,2,3,5,7)
  Joe Lovano (ss, ts-2,3)
  Jonathan Kreisberg (g1,2,3,4,5,6,7)
  Keyon Harrold (tp-1,2)
  Maurice Brown (tp-5)

  (Blue Note) 2016

                    1. Play It Back
                    2. Afrodesia
                    3. For Heaven's Sake
                    4. Straight No Chaser
                    5. Talk About This
                    6. My Favorite Things
                    7. African Suite

Lonnie Smith(B1942)、73才にしての新録ということで、はたして新しい発見ができる内容になっているのだろうかといったところもあり、即、手が
伸びなかったのだが、これまで全作とはいかないが、そこそこ聴いてきたSmithでもあるだけに、70を超えた今の状況も確認しておくべきだろうという
ことで遅まきながらのゲット。
Smithは、本作でもギタリストとして起用しているJonathan Kreisberg以前には、Peter Bernsteinを起用していた時代が5年ほどあり、前世紀の
黒っぽさを色濃く残したオルガンサウンドをやや引きずっていた感もあったのだが、2010年作の “Spiral” で若手の典型的コンテンポラリー系ギタ
リストのこのKreisberg、そしてdsにJamire Williamsを起用したことにより、より今の空気感も漂う音楽へと質を変えてきた感がある。
こういった新しい血を入れては、そのパワーを利用し、またそれを刺激とし自身の音楽を少しでも前に進めようというような姿勢は、継続的にに見られた
Smithだが、本作でもRobert GlasperやJoe Lovanoらをゲストに迎え、またdsにJonathan Blake、 Joe Dysonを起用したツインドラムスという
試みもしており、73才にしてなお衰えぬ前進意欲を見せているのには、感心する。アーティストとしては、当然の姿勢だが、これを保てない人が多いのが
現実だ。

モンクの”Straight No Chaser”など2曲を除く5曲がSmithのオリジナルとなっているが、内容はファンク調、バラード、速い展開の4ビートやスケール
感もあるものなどの他、曲により編成変えも加えるなど一本調子にならずバラエティに富んだものとしており飽きさせない。ファンク調なども古くさく
なることなく現代の味付けをしており、その年令を感じさせない音楽は、リリース時に即、手が伸びなかった心配は無用のものだった。
本作通して感じることだが、一オルガニストとしてという部分よりも、周りを活かしてトータルな音楽として勝負という姿勢が一段と鮮明になってきた
ように思う。戦い方を年令に合わせ、最大の効果を出すべくシフトする。それまで生きてきたこだわりもあり、これができないまま消えていく人も多い
という中、これも一つの才能なのだろう。ミュージシャンには、いろいろなタイプもおり、必ずしもこれがベストな形とは言わないが、ハフォーマンスの質
を維持すべく、自身にアーティストとして適した道、とるべき道を適切に判断できることも、やはりミュージシャンとしての才能なのだろう。
Jazzは生き物、同じことを続けていれば衰退につながる。そこに絶えず向上心があってこそ維持できるというもの。さらにそこに前進を求めるならば
向上心だけではない+αも求められるというものだろう。

その他の Lonnie Smith 関連記事は → こちらから

JAZZ-organ 180
Lonnie Smith
スポンサーサイト

Newer Entry201603-5

Older Entry201603-4

 

Comments

Edit
こ、これ、、今から買いに行きます!!
EditRe: タイトルなし
kuramaeさん こんばんは

Smithも以前は、真っ黒い時代もありましたが、
周りをうまく使って音楽の質も変えてきた感もありますね。
ミュージシャンとしては、いい歳のとり方をしているようで
とりあえず安心しました。

> こ、これ、、今から買いに行きます!!
近くに買いに行ける場所があっていいですねv-290

Leave a comment







1
2
3
5
6
8
9
10
11
13
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
30
> < 04