FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Match-Ball / Borja Cao

Borja Cao

Borja Cao (p)
Juan Canada (b)
Maz Gomez (ds)
Recorded on 5th May 2009 at the Teatro Principal de Santiago de Compostela 
AR-15-CD (Spanish Audia)

普段あまり記事にすることもなく、ちょうどよい機会なので、これまで何度かサッカー
W Cup関連国のJazzを取り上げてみましたが、今回は優勝国がスペインということで
スペインのJazzを取り上げてみようと思います。
スペイン関連では、過去 Mauri Sanchis (org), Inaki Sandoval (p), Miguel Angel
Chastang (b)....他、いろいろとCD入手歴はあるののですが、残念なことに、
お気に入りとなるようなミュージシャンとのいい出会いはありませんでした。しかし
これは、一般的に言うところのJazzという狭いカテゴリーでのことで、他分野にはすば
らしいミュージシャンがいます。

とは言っても、流れとしてスベインのJazzを取り上げることになってしまったので、私として
は、スペイン関連の購入盤としては最も新しいピアノのBorja Caoを今回のテーマにしてみま
す。この盤は、全10曲、Borja Cao のオリジナルという内容ですが、正直なところあまりいい
印象を持っていません。購入後、一度聴いて、何もなくそれ以来聴いたことがないという聴か
ずの一枚となっていました。
今回、いい機会なので、記事にすべくあらためて聴いてみましたが、はっきり言って感ずる
ところ何もありません。残念です。
ブログ方針として、不快に感ずる方もいらっしゃるので、過度の否定的内容に関しては記事に
しないという一応の方針がありますので、内容については、これ以上書くと否定的な事柄が、
大量に出てしまいますので、これまでにさせていただきます。この辺でご判断いただきたい。
ということでサッカー関連企画は、見事失敗してしまいました。やらなきゃよかった!

W Cupで見せてくれた、瞬時の創造的すばらしいアイデアを持つスペインのサッカー、Jazz
でも見せてほしい。頼むよ!

JAZZ-piano 17  
スポンサーサイト




Newer EntryTrue Ballads / Archie Shepp

Older EntryIsland Sceneries / Troja

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10