前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Albert Vila / Unquiet Sky

  Albert Vila (g)
  Aaron Parks (p)
  Doug Weiss (b)
  Jeff Ballad

  Recorded at Acoustic Sound, Brooklyn NY, May 4 & 5, 2014
  FSNT497 (Fresh Sound New Talent) 2016

  01. Therefore
  02. Epilpgue
  03. New Deal
                     04. Air
                     05. Gym Jam
                     06. Six
                     07. Three Days After
                     08. Begining
                     09. Minor Tragedy
                     10. Transition
                     11. Old Recipe
                     12. Major Issues
                     13. Short Piece
                     14. The Bean

スペイン出身のギタリストAlbert Vilaの新作だが、今回は特に同じギタリストで現在のコンテンポラリー・ギター・シーンをリードする存在 Kurt Rosenwinkel
やMike Morenoとの関わりも多い ピアノのAaron Parksをはじめ、NYの旬のミュージシャンを従えての一作ということで興味深いところである。
このAlbert Vilaを知ったきっかけは、ブログ「ガーシャの巣」で巣の主でありギタリストでもあるガーシャさんがアルバム「Standards」について「ここ10年
のギタートリオではトップレベル」と書かれていたので、迷わず聴いてみたというしだい。結果、同様にやはりトップレベルのギタリストという印象を持った。

さて、NY第一線のメンバーをバックにしてのギターワークは、RosenwinkelやMorenoなどと比較しても、全く遜色ないレベル。特に技術面での確かな技は
小気味よく感じるほどで気持ち良いものがあり、過去にJesse Van Rullerに師事していたことがあるのも、なるほどと思えるギターワークだ。
この手のタイプは、ともするとワザに走ってしまい音楽をつまらないものにしまうといった傾向もあることは、たびたび経験してきてはいるのだが、この Vila
に関しては、そういったこともなくRosenwinkelを思わせるところやスペインの血を感じさせるところがあったりもするのだが、独自性という点でもしっかり
したものも見える。これまで高い能力がありながらも、知名度の点でいまいちという感じもあったが、こうしてメジャーなメンバーをバックにしたということ
もあり、注目度もUPし、広く知ってもらうきっかけにでもなればいいのだが。

Parks のピアノもキレており、本作の好結果には大いに貢献しているところだろう。共演者との対話の中から、その互いの刺激により新たな something を生み
出そうとするJazzにおいては、その共演者の持つ意味は極めて大きく、過去の経験を超えた相手との出会いは、自らの力も超え、新たな領域に入るきっかけとも
なることを考えれば、今後も新しい共演者との出会いを積極的に求めてもらいたいところだ。伝統のエキスを奥に含みつつ、今を感じさせるそのバランス感覚
こそが彼の感性であり、センスでもあるのだろう。
内容的には、前述のトリオ作同様、ハイレベルの一枚に仕上がっている。ギタリストとしてばかりでなく、本作の名義人として Vila のコンポジションも光る。
不満があるとすれば、彼の持って生まれた陰より陽、暗より明という感性の質感。明るくヌケの良いJazzは、自分には、眩しく感じてしまう部分もあるのだが、
まあその辺は好みの問題で、評価とは切り離して考えなければならないところだろう。
中味が素直に表現されていないユルいジャケットが惜しい。これで手を出さなくなる人もいるんじゃないだろうか。

JAZZ-guitar 158
Albert Vila
スポンサーサイト

Newer Entry201603-1

Older EntryWill Bernard / Just Like Downtown

 

Comments

Edit
ご紹介ありがとうございます。m(_ _)m
このアルバム僕も発注済みですが
またも「4枚同時注文で割引」という術中にはまって
我が家にはまだ届いてません。
どころか届くのは後一月位後かもしれん…
早く聴きたいのにぃ!
このブログ読んで更に聴きたくなってきました。

EditRe: タイトルなし
いやあ Gさんどうも
こちらこそGさんのところ覗いてなかったら
知らないまま通り過ぎていたかもしれません、ありがたいことで、感謝ですv-290
「Standards」は、流通が悪く、入手しずらかったですが、
それだけに出会えた喜びもありました。

この新作も非常に出来が良いです。
ルーツの部分を失わず、このまま突き進んでいったら
おもしろい存在になりそうですね。

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08