前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > Photo  

201601-2

                 
                                               蠟梅(ロウバイ)


                 この蠟梅、こうして清潔感のある淡く甘い香りを放ちながら花のついた今の時期には目が向くが、
                 そうでない時期の状況はほとんど知らなかった。
                 以前、怪しい正体不明植物として、画像を一枚載せたことがあったが、
                 なんと、この蠟梅の実の部分であるらしい。
                 それにしても、あのグロな実のフォルムから、この黄色い花はイメージできないね!

Gallery-photo-159
スポンサーサイト

Newer EntryFay Claassen / Live at the Amsterdam Concertgebouw

Older Entry201601-1

 

Comments

Edit
J works さん、ご無沙汰しております。

遅かれながら、明けましておめでとうございます。
なんて可憐な花でしょう、でも実からはこんな花が咲いていたとはまったく想像できないですね。実はまるで生き物のような異物にみえました。

今年もジャズの記事に加え、楽しい猫の動画や写真でも楽しませてくださいな。(ジャズの方は、あまりついていけてない感じなので・・・)

今年もまた宜しくお願いいたします。
EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんばんは

こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

> なんて可憐な花でしょう
この蠟梅(ロウバイ)は、こちらではポピュラーな植物で、
毎年今頃は、よく目にする花ですが、ちょうど梅雨の頃、見たあの実が
蠟梅だったとは、今回初めて知ったしだいです。
ものには、全て陰の面と陽の面があるということでしょうかね。
元々は中国の方から流れてきた植物のようですが、そちらでは
ほとんど見ることはないんでしょうね。

ケガの方も完治され、そろそろ夜アソビに出たくて
ウズウズされているんじゃないでしょうか?
まあ、ほどほどにしてくださいな!

ということで、器量良しのCodaちゃんの写真も、たまに出してください。

Leave a comment







1
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 05