前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

2015年 今年出会った極私的この1枚

今年一年を振り返り一枚を選ぶという恒例のこのコーナーですが、優柔不断、意志薄弱な当方としては、この「一枚に絞る」という作業は悩む。
あまり記事にはしてないが、メジャーな盤の中にも候補としてふさわしい内容の盤はけっこうあるし、この記事を書いてる年末の締め切り間際にもなって
オっとするような新盤も飛び込んできたり、もちろんマイナーな盤にも........ということで、あーでもない、こーでもないと悩みの多い師走でもあったのだが、
やはり、当ブログのカラーを守らなければ、その存在する意義もなくなってしまうというということで、例によって、あまりスポットがあたる機会に恵ま
れない日陰盤からひっそりと1枚選出しておきます。

gari-3.jpg  Ananda Gari / T-Duality

  Tim Berne (as)
  Rez Abbasi (g)
  Michael Formanek (b)
  Ananda Gari (ds)


  Recorded at Acoustic Recording Studio, Brooklyn - USA on March 21, 2013
  AU9041 (AUAND) 2014

イタリアの若手ドラマーAnanda Gari のリーダー作ながら、参加しているパキスタン出身のギタリストRez Abbasi(B1965)のギターに刺激を受け、
私的には、その後の流れの指向を変えるきっかけとなったということで、意味ある一枚だった。
Kurt Rosenwinkel以降のそこから派生したと思われる流れが中心となっている現在のコンテンポラリー系、そしてそういった流れとは違った流れを
模索するフリー系、その中間系として現在のコンテンポラリー系の流れは意識しつつも、フリー系ほどの極に走ることもなく、ある意味、実行性ある改革派
とでも言えるようなこの中間的エリアに目を向けさせてくれたのも本作であり、これがきっかけで、一般に見落とされがちな、このエリアで長年地味な活動
をしてきたギタリスト Liberty Ellman の再確認にもつながったのは、極めて大きな意味があった。
単に楽しく聴けるということではなく、自分の流れを変えるというその意味は大きく、その点、評価できる一枚だったと考えている。
上記今年の一枚の他に、この流れから再確認に至ったEllmanの過去作及び本年度作の記事も参考までに記しておきます。


tactiles.jpg  Liberty Ellman / Tactiles (2003)






Radiate.jpg  Liberty Ellman / Radiate (2015)






JAZZ-guitar 155
スポンサーサイト

Newer Entry201512-2

Older Entrymovie 2

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08