FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Live at the Fez - NYC 07.03.03 / Jay Rodriguez

Jay Rodriguez

Jay Rodriguez (sax, fl)
Marco Benevento (organ)
Joe Russo (ds)
Recorded Live March 7th, 2003 by - Charles "Chicky" Reeves
KUF-0029(KUFALA)

これまでオランダ、デンマークとサッカーW Cup日本対戦国のMusicianを取り上げてきまし
たが、今回はパラグァイということで、さすがに困った。パラグァイのJazz と関わったこと
はない。そこで少し範囲を広げて南米ということで、関係者をリストアップしてみたら結構
ある。ということで、今回は67年、南米コロンビア生まれのJay Rodriguezのアルバムにしま
しょう。

Rodriguez名義のアルバムではあるが、organが目的の私は、Marco Benevento(org)を
ターゲットとしての購入。ご容赦いただきたい。

Beneventoは、普段はdsのJoe Russoとのデュオでorganistとしての活動が多かったが、最近
ではpianistとしての露出が多くなってきている。同じorgan のSam Yahel もそうだが、二股
かけてよろしくない結果にならなければいいが.......。

Rodriguezは、NYを中心にラテンからヒップホップまで全ての音楽を超えて活動をしている
新しいタイプのミュージシャンと言えるかもしれない。ジャム系バンドのMMWとの共演経験
もある。本アルバムは若手のBenevento - Russoのデュオとのジャム的セッションという形
でのLiveである。ファンク色の強いBeneventoのorganに、時にアヴァンギャルドな味付けも
してエモーショナルにブロウするts, flが絡みハイテンションのスピリチュアルな演奏が展開
される。

Beneventoのorganは、タイプとしては、John Medeskiに近いものもあるが、何が飛び出し
てくるかわからないMedeskiのようなスリリングなものは、本盤リリース時点では、あまり
感じられず、勢いでプレイしているという荒さもあるが、年齢的にも可能性を十分残してお
り、今後の進化も彼の考え方しだいというところであろうか。

2枚組全10曲中6曲が、Rodriguezのオリジナルという内容。

JAZZ-organ 30 amazon quick link
Jay Rodriguez
スポンサーサイト




Newer EntryShakill's Warrior / David Murray

Older EntryIgnition / Independent Trio

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10