前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Liberty Ellman / Radiate

  Liberty Ellman (g)
  Steve Lehman (as)
  Jonathan Finlayson (tp)
  Jose Davila (tuba, trombone)
  Stephan Crump (b)
  Damion Reid (ds)

  Recorded November 3-4 2014 by Mike Marciano at Systems Two Studios, Brooklyn NY
  PI60 (PI RECORDINGS) 2015

  1. Supercell
                      2. Furthermore
                      3. Rhinocerisms
                      4. Moment Twice
                      5. A Motive
                      6. Skeletope
                      7. Vibrograph
                      8. Enigmatic Runner     All compositions by Liberty Ellman, Substance Theory(SESAC)

ちょっと前の記事 “Liberty Ellman / Tactiles” で、もう9年も新作を出してないので、そろそろ自分の色を全面的に出したリーダー作をぜひ出してもらい
たいなどと書いていたのだが、そんな記事を出したら、間髪入れずに彼の新作リリースの情報が飛び込んできた。
なんという恐ろしい程のタイミング、まるで何か見えない力でも働いたとでも言いたくなるぐらいだが、その流れにのっかって早速ゲット。

セクステットとしたメンバー編成などには、彼が参加する Henry Threadgill のグループ “ZOOID” にもつながるようなものも感じられるが、
内容は、全てEllmanの手による全8曲。

冒頭曲から期待通り、ダークな質感の中に、触れただけでも切れるほどのシャープエッジの尖り感が飛び交うような、癒し、和む................といったものとは、
ほど遠い緊迫感溢れた音楽が展開される。Ellmanのギターは、ヘビーゲージでも使ってるのか、太くてパワーを感じる音ながら、動きは俊敏そのもの、ヘビー
級だがミドル級の機動性を発揮している。そして繰り出してくるフレージングもカッティングエッジ感に溢れたものなのだが、そうして出来上がった文章も、
今をときめく多くのコンポラ系ギタリストが使う言語とは違ったもので成り立っているといったような感覚を覚える。その辺が惹かれるところでもあるのだが。
そんなシャープなテイストをより加速させるように Lehman のアルトが突き抜ける。フィルター処理もしてないような生の尖鋭性が、時折、肌を突いてくる
ような質感の音楽となっているが、その先進の中に散りばめられた先鋭が、あくまで適量であり、そのあたりの天性のバランス感覚が彼の感性でもあり、
センスなのだろうか。今の自分には、フィット感の良さも感じられるスポットだ
終始、糸を引くような粘っこい Damion Reid のドラミングがスタイリッシュなテイストを加味しているが、全体としていい意味でのマイルド、音楽のザラ
ついた角を処理したような効果を生み出しているとも感じられるのがおもしろい。

内容的には、年に何度も出会うことのないような密度の濃さも感じられる作品ともなっており、私的評価も高いのだが、先にも書いたが、Henry Threadgillの
グループでの音楽の流れも感じられるようなテイストもあり、欲を言えば、次作では、そのThreadgillの引力圏から外れたところで独自の世界をより進化させて
もらいたいという気持ちもわずかに残る。
9年ぶりともなった本作なので、次がいつになるかわからないが、このエリアでは重要なギタリストとして、単にスタッフとして他作に参加するだけでなく、
自身の音楽世界をより鮮明に打ち出すためにも、リーダー作でそれを表現してもらいたい。せめて1〜2年に1枚ぐらいはアルバムリリースしてもらいたい
ものだ。

JAZZ-guitar 146
Liberty Ellman
スポンサーサイト

Newer Entry201509-1

Older Entry201508-7

 

Comments

Edit
うー良さそうですねぇ!
聴きたい!
EditRe: タイトルなし
Gさん どうも

これ、聴かんと、まずいというギタリストですね。

走・攻・守そろってトリプルスリーどころか、盗塁、最多安打も
狙えるヤクルトの山田みたいなヤツです。

いいシゴトしてます!

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08