前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Myra Melford / Snowy Egret

  Myra Melford (p, melodica)
  Ron Miles (cornet)
  Liberty Ellman (g)
  Stomu Takeishi (bass guitar)
  Tyshawn Sorey (ds)

  Recorded December 2013 at Stadiumred, New York
  YEB-7752 (yellowbird) 2015

  01. Language
                     02. Night of Sorrow
                     03. Promised Land
                     04. Ching Ching
                     05. The Kitchen
                     06. Times of Sleep and Fate
                     07. Little Pockets
                     08. First Protest
                     09. The Virgin of Guadalupe
                     10. The Strawberry        All composisions by Myra Melford

フリー寄りのエリアで、ずっと活動してきているピアニスト Myra Melford は、波長の合う部分もあり、つき合いも長い。
このメンバーで “Snowy Egret” としてのの活動は2012年頃からだが、アルバムリリースとしては、本作が初ということで、どんなことになってるのか楽しみ
です。内容は、彼女がウルグァイ人ジャーナリスト Eduardo Galieano(1940 - 2015)の著書 “Memory of Fire trilogy(火の記憶)” からインスパイアされて
つくり上げた全10曲。

さて本作、私的に注目していたのが、リーダー作も少なく、なかなか正体がつかめていないという謎の多いギタリストでもある Liberty Ellman(B1971) の参加。
その Ellman が、冒頭1曲目から斬新なソロを聴かせてくれ、テンションは、一気に跳ね上がった。普段、耳にすることも多いコンポラ系ギタリストのしゃべり
とは違った語り口が新鮮に耳に入ってくる。しばらく放置してあった盤も再チェックしなれけばなるまい。

Myraの若い頃は、フリーのピアニストとして、力技で結構激しく攻めるプレイも見せていたが、近年の特にこのぐらいの編成のものになると、自身のピアニスト
という部分は抑えめに、コンポーザーという部分にややシフトして、グループのトータルなサウンドを重視するといった傾向もあり、本作においても、それぞれ
のソロももちろん入るが、それは、あくまでグループとしてのトータルなサウンドの一部分であり、緻密にコントロールされたアンサンブルの流れは、多様な
表情を描き出している。
自身のピアノとともにmelodica、そして一癖も二癖もある個性派役者を巧みに操り、魅力ある音の表情を生み出す彼女の演出は、冴えを見せる。
彼女のアルバムには、甘美とも思えるラインが入ることもよくあるのだが、本作においても、一種の怪しさ、いかがわしさ(悪い意味ではなく)を振りまく武石の
ベースが、アルバムをトータルに見ると、その甘美なラインにカウンターをあてるように甘くなり過ぎるのを抑え、キリっと辛口にしているようにも感じられる
のだが、その辺もMyraの計算と見るのは、考え過ぎであろうか。
最後に一転して濃厚なブルースフィーリングを振りまくイントロを持ってきたのも彼女らしい。


            
            Myra Melford: Piano
            Ron Miles: Cornet
            Liberty Ellman: Guitar
            Stomu Takeishi: Bass
            Tyshawn Sorey: Drums
            Performing on the Jay Pritzker Pavilion, August 29th, 2014

その他の Myra Melford 関連記事は → こちらから

JAZZ-piano 86
Myra Melford
スポンサーサイト

Newer Entry201507-3

Older Entry201507-2

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
8
9
10
11
13
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
29
30
> < 04