前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

John Patitucci / Brooklyn

  John Patitucci (b)
  Adam Rogers (g)
  Steve Cardenas (g)
  Brian Blade (ds)

  Three Faces Records 2015

  01. IN9-1881 / The Search (John Patitucci)
  02. Dugu Kamalemba (Oumou Sangare)
  03. Band of Brothers (John Patitucci)
                     04. Trinkle Trinkle (Thelonious Monk)
                     05. Ugly Beauty (Thelonious Monk)
                     06. JLR (John Patitucci)
                     07. Do You? (John Patitucci)
                     08. Bells of Coutance (John Patitucci)
                     09. The Thumb (Wes Montgomery)
                     10. Go Down Moses (John Patitucci)
                     11. Tesori (John Patitucci)

フロントに2本のギターを据え、自身のベースと合わせ3本の弦楽器にドラムスという編成のギタークァルテットによる Patitucci 久しぶりのリーダー作。
メンバーには、競演歴も多い Adam Rogers と Brian Blade の他にツインギターの一翼に充実期にある感もある Steve Cardenas が加わるという豪華な陣容。
マイナーなカラーを基本とする当ブログでは、この種のメジャー臭も漂う盤は、普段あまり記事として取り上げることも少ないのだが、特に方針転換した
ということでもなく、気分転換として、まあ、たまにはよいでしょう。

一聴してみれば、全体の印象として残念だが期待していたようなスリリングな展開は見受けられなかった。
我々リスナーの習性として、好きなミュージシャンであればあるほど、期待もありそこにこうあってほしいというベストのものをイメージしてしまいがちだ。
それが複数の、いや本作のように全員がそうであればなおさらのこと、それぞれのベストパフォーマンスがぶつかるその化学反応からそこに新たに生まれるsomethingといったものまで脳内にイメージしつつのゲットとなるのだが、現実はなかなかそんなうまいことにはならない。
まあ、あくまで極私的な受け取りだが、Jazzの大きな魅力でもある先の読みにくい瞬間の積み重ねといったその瞬間の作り出すテンションにいまいち物足り
なさがつきまとうのだ。当然のことながらその瞬間から予期しなかったsomethingが生まれる状況もなく、総じてユルい流れに終始してしまっているといった
印象。Rogers & Cardenas のツインギターも耳をそばだてて聴けぱどちらかは、ある程度判断できるが、漠然と聴いていると今どっちだったといった感じに
なるのも、裏を返せば両者の個性が十分発揮され、良い部分がそれだけ引き出されていないからといった見方もできるだろう。
M6 “JLR” などは、今現在の彼らなりの表現するブルースであれば納得できるのだが、出てくるのはベタなフレーズばかりだし、であれば本家ブルースマンの
ギターを聴いた方がという気にもなってしまう。今ここでこれをやる意味とは?
特に近年のCardenasなどは、味のあるいいベテランへの道を歩みつつあるなどとも思っていたのだが.............................。
しかし自主制作盤として高能力のメンバーを起用し、リーダーとして全てのコンポーズ面に関わり、この音楽としたのはPatitucciであり、そこはおさえて
おきたい。

一歩ひいて冷静に見れば、決して内容悪しというレベルのものでもないのだが、過去経験から、こういった豪華メンバーを揃えた話題盤は、期待が大きい分、
意外と不満足な結果になってしまうことが多いのだが、本作も私的には、そのパターンに近いものがある。
ウデのいい職人がうまくまとめたといった感じで、アーティストとして創り出した作ではないといった印象。
あくまで、私的に思い入れが強かった分、こんな印象になってしまったと自己分析している、悪しからず。

アルバムクレジットの最後に “This album is dedicated to the loving memory of my grandma, Rena Fenimore(1916-2015). と記してあった。
自主制作でアルバムカラーがこんな風になったのも関係しているのか....................。

             

JAZZ-other instrument 30
John Patitucci
スポンサーサイト

Newer Entry201506-1

Older Entry201505-5

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10