FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Face to Face / Richard Galliano & Eddy Louiss

face to face

Eddy Louiss (org)
Richard Galliano (accordion, bandoneon)
Recorded at Studio Ferber, Paris, on March 16, 17 & 18 2001

Louiss 60才の時の録音。
若かりし頃の切れ味は、若干薄れた感はあるが、音楽が落ち着いてきたというか、
それを補って余りあるベテランとしての味を感じる1枚。
多面性あるが故に正当な評価を受けないこともあるLouissだが、ここでは何も余計なことを
考える必要はない。あるのは音楽だけ。
人生の酸いも甘いも知り尽くした2人の名人が、真摯に音楽に向き合い造り上げた音は、
そこはかとなく漂う淡い哀愁とともに温かく、美しい。
T4「Beija-Fior」でのLouissのタメの効いたソロ、いい味出してます。
心に温もりの灯がともる1枚。このアルバムに出会えたことを幸せに思う。

JAZZ-organ 7 amazon quick link
Eddy Louiss
Richard Galliano
スポンサーサイト




Newer EntryKeynote Speakers / Bill Stewart

Older EntryFeelin' Dunk / Peter Autschbach feat. Barbara Dennerlein

Trackbacks

オルガンのEddy Louiseとの競作で始まるデュオアルバム。 オルガンとアコーデオンはとても近い楽器と思うけど、ハモンドとはちょっとちがうんですよね。 そこらへんは良くわからない。というのもハモンドはほとんど聞いたことがないのです。 でも2曲目、流れるようなフレ...

 

Comments

Edit
J workさん、こんにちは、monakaです。
コメントをいれずに申し訳ありませんでした。
どうやら身体が戻ってきて、気力もついてきました。
リンクのほうのこれからやってみます。
EditRe: タイトルなし
monakaさん
TB,リンクありがとうございました。
土、日はゆっくり休んでください。
また、よろしくお願いいたします。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10