前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

Ben Allison / Think Free

  Shane Endsley (tp)
  Jenny Scheinman (violin)
  Steve Cardenas (g)
  Ben Allison (b)
  Rudy Royston (ds)

  PM2140 (Palmetto )2009

  1. Fred
  2. Platypus
  3. Broke
                     4. Kramer vs. Kramer vs. Godzilla
                     5. Sleeping giant
                     6. Peace Pipe
                     7. vs. Godzilla
                     8. Green A1

1996年 "Seven Arrows" でデビュー以来、比較的コンスタントにアルバムリリースしている感もあるBen Allison(B1966)の2009年作。

どちらかというと、アレンジ面に力を入れた創り込まれたサウンドといった印象を持っているAllisonの音楽ですが、本作も自由なソロパートは抑えめに
音楽は緻密に創り込んだものに仕上がっている。
全体に淡いカントリーテイストとも言えるようなノスタルジックなものも感じられるのだが、そんなテイストがわかりやすくキャッチーとも言えるような
メロディーとともに、芯のところにあるNYブルックリンの尖った部分をオブラートで包み込むように全体をややマイルド感もあるサウンドにしているとの
印象も持つ。
もちろんAllisonの決めた方向性だろうが、そんな本作のイメージに大きく関わっているのが Jenny Scheinmanのバイオリン、本作のカラーを決定づけ
る重要なアイテムとなっている。

ただ全体に同じような印象の曲が並び、私的には何か変化の一つも欲しかった気もするのだが、その辺は統一されたと受け取るのか、変化に乏しいと受け
とるのかで本作の評価も変わるところかも。

昔、ブルース小僧だった私にとって、白人をルーツとするカントリー、フォーク系のものは敵性音楽として甚だ相性が悪い音楽だった遠い記憶がある。
その名残ということか野良ジョーンズ、Bill Frisell................等々、いまだに苦手なタイプなのだが、本作にもある微量のカントリーフレイバーに、私的に
は多少の相性の悪さも感じた一枚でもあった。

JAZZ-other instrument 29
Ben Allison
スポンサーサイト

Newer Entry201503-6

Older Entry201503-5

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
8
9
10
11
13
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
29
30
> < 04