前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: sax (第2期)  

Live at Louis 649 / Eli Degibri

Eli Degibri

Eli Degibri (ts, ss)
Gary Versace (org)
Obed Calvaire (ds)
Recorded August 27-28, 2007
ANZ-3001(ANZIC)
 
Gary Versace参加の Degibri 盤ということで、迷わず購入の一枚。
このブログは、今年に入ってからスタートしましたが、実際公開し始めたのは、記事数が
ある程度揃ってからでしたので、2月ごろからだったと思いますが、ブログ開始前の所有音源
で、記事としてUPしておかねばなどと思っていたものが、全くかたずいていきません。
まあ、気長にやらせていただきます。この盤などは、Versace関連のものとしては、私的上位
にランクしていたものですが、やっとUPにこぎつけました。
Degibri曲5、スタンダード2曲の全7曲という内容だが、Liveということもあり、10分以上の
曲が5曲と長尺ものが多い。

ちょっと前の記事で、同じVersace参加の若手ts奏者のリーダー作ということで、Wayne
Escoffery
を取り上げましたが、本盤では1曲目を聴き始めるとすぐに、それとは違った密度
の濃い音に確かな内容であることを実感させられる。

イスラエル出身というDegibriの音には、やはり米国系、欧州系とは違った、その出自を
イメージさせる音が奥に潜んでおり、そのあたりも魅力となっているのではないだろうか。
それはsoprano saxに持ち替えた時、より顕著になるようだ。
終始、自信に溢れたエモーショナルなプレイは、バラードでも速い展開でもブレることなく
安定しており、そういった抑制の利くという一方で、高い感情注入力によりHotな面も見せ
る場面もあり、まさに多くの進化の可能性を持ち合わせた、今の感覚を持ったsax奏者と言
えそうだ。

Versaceは、最近特に出番が多いが、2005年を過ぎたあたりからの彼の成長ぶりを見ている
と、多方面から声がかかるのもうなずける。似たpositionにいる先輩格のGoldingsやYahel
を追い抜くような勢いを見せており、旬のorganistと言えるだろうか。元々ノリの良さでは
定評の彼は、Degibriに負けず劣らず大いに楽しませてくれるが、締めるべきはきっちり締め、
このLiveを創っている。こんなバックがいたら、さぞ頼もしいであろうと思わせる、Versace
の成長ぶりであろうか。

最後になってしまったが、このアルバムの高評価は、Calvaireのds抜きには考えられないとい
うほど、dsの良さが目立つ一枚と言える。限られたドラマーのみが持ちうる、息を呑むような
タイム感、久しぶりに味わった感覚である。Obed Calvaire、名前を記憶しておこう。

JAZZ-sax 7 amazon quick link
Eli Degibri
スポンサーサイト

Newer EntryAbend / Anja Mohr Trio

Older EntryA Time for Love / Debra Mann

Trackbacks

Eli Degibri(Ts,Ss) Gary Versace(Hammond B3) Obed Calvaire(Ds) Rec. August 27-28,2007,NY (Anzic ANZ3001) ?п?NY?Υ?????????????????????...
世界の国々の中でも、中東諸国ほどジャズに無縁な地域はないのではないかと以前は思っていました。でも最近はNY界隈で活躍する中東出身の...
今日は秋晴れだった。。少し、雲はあるけれど、、眩しいくらいん青空。見上げると吸い込まれるような高い空。。。空の向こうには、広大な宇宙が広がっている。宇宙、、、普通は「う...

 

Comments

Edit
こちらからもTBさせていただきます。

本作は3人とも本領を発揮していて、とても素晴らしい作品でしたね。
またメンバーの相性もなかなか良かったと思います。
同じ編成としてはジョシュア・レッドマンのエラスティック・バンドの方がはるかに知名度が高いのですが、私としてはこのデジブリのトリオの方が音楽的に気に入って、この年(2008年)のベストアルバムの第6位にしてしまったほどです。
でももう解散しちゃったのかな。
できればもう1枚ぐらい聴いてみたかったです。
Editコメントありがとうございます。
naryさん コメント、TBありがとうございます

せっかくこれだけのものを残したので、私としてももう一枚ぐらいいってほしかったですね。

好みのメンバーでかためたエラスティック・バンドも記事としてUPしたいと、ずっと思っているんですが、本盤のようなHOTなものがなく、いつもまた今度になってしまいます(笑)。

ありがとうございました。またよろしく。
Edit
J works さん、こんにちは。

そうですか、ベルサーチ狙いですね。
僕はやっぱりイーライ狙いですかね。
僕の古い記事を検索していただくと分かると思いますが、
イーライがデビューした時から好きで一応追っかけています。
まだまだ余力を残しているようなので、
今後の活動にも期待したいです。

イイ作品だった記憶はありまが、しばらく聴いていないので、
この機会に今夜はこれを聴いてみようかな。

ということで、Tbさせていただきます。
EditRe: Re: タイトルなし
> crissさん TBありがとうございました。
>
> > そうですか、ベルサーチ狙いですね。
> > 僕はやっぱりイーライ狙いですかね。
>
> この盤は、Versace狙いではありましたが、DegibriもCalvaireも抜群に良く大満足でした。
> お仕事お忙しそうですが、あまり無理せぬよう。では、また。
Edit
トラバありがとうございました。

わたしもイーライ狙いですが、オルガンも好きなので、いっぺんにはまりました。
そう、ギター好きで、ギター追っかけると、オルガンにも行きつきます。
そして、オルガンは、テンション高いサックスと結びつくことも多いわけです。
イーライはものすごく、感じやすくキレやすく、、メロメロでした。

トラバ、、届きましたか?
EditRe: タイトルなし
すずっくさん TBいろいろお世話になり、ありがとうございました。

すずさん、こうするとばあちゃんぽくなっちゃっていけませんね、やっぱすずっくさん
の方のブログ、軽く調べてみましたが、けっこう手広くやってますねぇ。
参考にさせてもらいます。またいろいろご教示ください。

ということで、今後ともよろしく。

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10