前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: trumpet  

Taylor Haskins / Recombination



Taylor Haskins (tp, melodica-12, g-1, 2, Korg Mono Poly Bass-1, 3, 7, 9, Laptop comp.-2, 4, 5, 7, 9)
Ben Monder (g)
Henry Hey (p-2, 6, 8, 12, Rhodes-3, 4, 7, 10, 12, Virus Ti-3, 5, 7, 10, Laptop comp.-4, 5, 9, 10)
Todo Sickafoose (ab-2, 4, 5, 6, 8, 11, 12, eb-10)
Nate Smith (ds)
Samuel Torres (shakers, maracas-3, woodblocks, caxixi-4, kalimba-9)

Recorded February 26 & 27th 2009 at 58 N6th Street Media Labs Brooklyn, NY.
19/8 1017 (CHRYSALIS MUSIC) 2009

01. Morning Chorale
02. Here is the Big Sky
03. Clouds from Below Us
04. Upward Mobility
05. The Shifting Twilight
06. A Lazy Afternoon
07. Lurking Shadows
08. Passing Through
09. Riverstone
10. Mobius
11. Alberto Balsalm
12. Forgotten Memory of Something True

ビッグバンドでの活動や映画音楽、コマーシャルなど幅広い分野でキャリア豊富なTaylor Haskinsですが、自身の小編成コンボによる活動などでは本作にも
参加しているギターのBen Monderとは共演も多く、Monderは、Haskinsの音楽の良き理解者と言える存在なのかもしれない。

本作、各種エレクトロニクスやエフェクト、プログラミングなど多用されてはいるものの、サラッと聴いていると耳馴染みも良く聴きやすいといったことも
あり、イージーリスニング的な印象も受けてしまうようなところもあるのだが、繰り返せば、音楽はかなり創り込まれ隅々までHaskinsの意思の通った緻密
なつくりを見せている。
Nate Smithのタイトなドラミングによる推進力がつくり出す流れの中で音楽は、エレクトロニクスを駆使した各種楽器の多彩な音が絡み合い独特の世界が
広がる。そんな中でMonderもアンサンブルのワンピースとしてそこにに溶け込むプレイに徹しており、多くのソロはとらないのだが、全体のサウンドメイ
キングへの貢献度は、高いものも感じられる。時折見せるクリアトーンでのソロもやはりモンダーと思えるものもある。
エフェクトを通したtp以外にも他楽器により多才ぶりを発揮しているHaskinsだが、こうして一通り聴いてみると、一トランペッターというよりも、やはり
コンポーズ面で勝負するタイプといった印象を受ける。
こういった創り込まれた音楽は、丁々発止のインプロのやりとりのようなスリル感といったものを求めてしまうともの足りなくも感ずるが、そもそも
本作において、Haskinsの目指す美は、そういっったものとは異質のものなのだろう。
適材適所にメンバーを配し、緻密に計算されて創られた世界は、一種のアンビエント感とともに構成美も感じられる。


             
             Taylor Haskins, tpt
             Ben Monder, gtr
             Ben Street, bass
             Jeff Hirshfield, drums

JAZZ-trumpet 8
Taylor Haskins

スポンサーサイト

Newer Entry201412-1

Older EntryJacob Young / This is You

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
8
9
10
11
13
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
30
> < 04