前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > 和菓子  

内田の酒まんじゅう(北八王子)

 Uchida-2.jpg Uchida-3.jpg

今回のネタは、酒まん。
この酒まん、その辺の和菓子屋、どこでもあるじゃあねえかと思われるかもしれませんが、昔ながらの製法と味を守っている酒まんは、意外と少ないんです。
元々、小麦の産地の各家庭レベルで作られていたという酒まんには、茶会等で使われる高級和菓子とは全く違う素朴な味の魅力があります。
製法の特徴として米麹発酵による酒種(どぶろく酒)に地粉(小麦粉)を混ぜ、自然発酵して膨らんだ生地を使いますが、この工程を省いて安易に膨張剤を使い
酒まんじゅうと称して売っているものも多く、これは酒まん独特の麹の香りも無く、皮の食感も全く異質のもので酒まんではありません。

店は、北八王子からほど近い閑静な住宅街の中、なかなか雰囲気のある店構えですねぇ。一歩店に入ると、麹の香りが漂ってきますが、これ酒まん屋の
基本で、しっかり麹を使って自然の流れの中でちゃんと本来の作り方をしているからこそなんですねぇ。
ここの商品は酒まんのみ、これ一本で勝負というのが極めて清いです。多種の商品の中の一つとして酒まんも置いているという他の多くの一般和菓子店とは、
酒まんづくりの姿勢として根本的な違いがその辺に見えるように思います。
ここの酒まんの特徴は、ご覧のとおり、形が微妙に不揃いなこと。他の酒まん専門店の多くは丸くきれいに膨らんだというあたりにこだわったものがほと
んどで、それはそれでまた魅力はありますが、その一般的な価値観にこだわることのない手作り感に溢れた不揃い感が、酒まん本来の素朴感をより
イメージさせてくれるといったことなんでしょうかねぇ。この微妙に乱れた形けっこう好きです。

酒まんは、蒸篭で蒸して作られますが、食べ時もこの蒸した温かさがまだ残っているあたりが、もちもちした柔らかい食感と独特の麹の香りがあり、ベスト
のタイミングですが、本来のつくり方をしている酒まんは、冷めるとかたくなります。通常こうした店で買った酒まんも家に持ち帰った頃には、食べる
タイミングを逸っした状態になりますが、これを電子レンジ、トースターなどで温める、あるいは揚げるといったことをすることも多いようですが、
これは、経験上おすすめできません。酒まん本来の食感、味、香りいずれも壊してしまいます。
やはり蒸すこと、これがベストです。食べきれない数を買った場合は冷凍、これを蒸すことにより本来の姿が蘇ります。
てなわけで、恥ずかしながら我が家の冷凍庫には、各地の酒まんが常に入っている状態です(笑)。

内田酒まんじゅう)営業時間:9:30頃〜売り切れ次第(おおよそ15:00頃)
         定休日:毎週月曜日、第一第三日曜日
         住所:八王子市石川町2966-16 (地図)
            八高線北八王子駅より徒歩5分
         電話:042-642-0389
         酒まんじゅう:一ヶ120円(2014.11月現在)
        
Gallery-和菓子-8  
スポンサーサイト

Newer EntryMatthieu Marthouret / Upbeats

Older EntryStephan Oliva, Francois Raulin / Sept Variations Sur Lennie Tristano

 

Comments

Edit
こんばんは、

ジャズの記事より力が入っていますね。 酒まんへの愛情が伝わってきます。
それにしても美味そう!
近くの”酒の子”は良く行きますが、この店知りませんでした。 車で30分あれば行けそうなので、この週末に行ってきます。

話は変わりますが、Jerome Sabbaghのアルバム気になっています。 お勧めですよね。
EditRe: タイトルなし
こんばんは

酒まんだ、大福だ.......と、お恥ずかしいかぎりで...............
この店は、遅い時間に行くと売り切れもあります。
予約受け付けてくれるので、その方が良いかと。
おばちゃんが出てくると思います。

Jerome Sabbagh/The Turnは、ここ最近では、お気に入りの1枚になってます。
地味なテナーですが、こういうの好きです。Monderも良いです。

今日は、これから錦織ですね。相手が棄権で変わったようです。

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08