前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

Arthur Kell / See You in Zanzibar

  Arthur Kell (b)
  Bill McHenry (ts)
  Steve Cardenas (g)
  Allison Miller (ds)

  Recorded and mixed by Joe Ferla at Avatar Studios, February-July, 2000
  自主制作?

  1. Song for LJ
  2. Pisciotta Blue
                    3. Waterlines
                    4. See You in Zanzibar (At the Blue Ocean)
                    5. At the Outset
                    6. Intro / Odyssey
                    7. Lullaby / Omi
                    8. Red Rose
                    9. Grace

Arthur Kellについては、2012年作の "Jester" で記事歴があるのだが、欧州での活動が多いことやメジャーなシーンで目にする機会も少なく知名度は低い。
しかしながら、過去作からベーシストとしてのみならずコンポーズ面でも優れたものがあり、諸作はいずれも高いクォリティが感じられ、そんな彼の音楽の
"優れたB級' といった印象(そんなイメージを抱くのは自分だけかもしれないが)は、これまでのメンバーの人選の傾向、好みなどからも感じとれる。

本作も、全曲 Kellの手によるもので、やはりそのコンポーズワークには、しっかりとしたものがあり、グループとしてのコンビネーションにも高いものが
感じられ、Kell のフロントの2人の役者を活かしストーリーを創りあげていく手腕は相変わらず巧い。流れをコントロールする堅実さとイマジネイティブな
ソロなど、そのヘビーなベースワークも魅力。
木質を感じる柔らかなMcHenryのテナーとそれを支えるCardenasのバッキングそしてこれまた柔軟性に富んだソロが好調だ。
Cardenasは、この後のKellの "Traveller" にも参加しており、やはりそのプレイは印象的だった。このKellと活動を共にした時期に得たものは大きなものが
あったのではないだろうか。
Allison Millerのプッシュも良い。アタックの強さとキレは、女性であることをつい忘れる。

地味な作ながら好内容という誠にArthur Kellらしい盤と言えるのだろうか。

JAZZ-other instrument 26
Arthur Kell
スポンサーサイト

Newer EntryMatchbox Art Gallery-37

Older Entry201410-2

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10