前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Tim Miller Trio 2

 TimMiller-2.jpg

Tim Miller (eg, ag)
Joshua Davis (b)
Take Toriyama (ds)

Recorded 2007 by Steve Hunt at The Kitchen, Chelmsford MA
(AVENIR RECORDS) 2008

01. Electric
02. By the Sea
03. Elements
04. Flying
05. Night Sky
06. Arc
07. Thread
08. Grey to Blue
09. Trace
10. Drop of Ink
11. Recall
12. Open

しばらく聴いてなかったTim Miller、思うところあり久しぶりに引っ張り出してみた。
Mick Goodrickの弟子的存在でその師匠と同じく母校バークリーで教鞭を執っているというTim Millerですが、Goodrickと共著でギター教則本なども
出しており、なかなかの理論派のようでもあります。

本作は、同一メンバーでの "trio" に続く2作目、全曲 Millerのオリジナルとなっている。
プレースタイルは、かなりテクニカル、メカニカルな印象もあり、ヘッドレスギターの使い手であることなども含めて、大枠でとらえるならHoldsworth
の流れをくむギタリストと見ていいのではないでしょうか。ただし、理論面ではともかくとして、あくまで聴いた感覚でしか言えないが、ソロにおける
Holdsworthのスケールライクなラインの印象とは、ちょっと微妙に違うニュアンスや音の選択にも独特のものが感じられ、年齢的にも先の変化も見込んで
考えるならば、単純にHoldsworthyと決めつけた見方をしてはいけないのかもしれない。

バークリーで教鞭を執る立場でありながらも一方では自身のプレイで、沈着冷静かつ無表情といった音の質感の中にクールな変態性も見せるというあたりに、
何か変に惹かれる(笑)ものもありますが、本作以降のアルバムリリース情報が無いのは、ちょっと残念なところです。教師としてばかりでなく、新作アルバム
のリリースなど、実戦の場で自身の世界を表現する方にも力を注いでほしいものである。

             
             Tim Miller Trio playing rhythm changes in Baltimore

JAZZ-guitar 126
スポンサーサイト

Newer Entry201410-1

Older EntryDavy Mooney / Astoriano

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
8
9
10
11
13
15
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
30
> < 04