前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: oldies  

Jimi Hendrix / Blues

  01. Hear My Train a Comin' (acoustic)  December 19, 1967
     Jimi Hendrix (12 string guitar, voc)
  02. Born under a Bud Sign  December 15, 1969
     Jimi Hendrix (g, voc), Billy Cox (b), Buddy Miles (ds)
  03. Red House  December13,1966
     Jimi Hendrix (g, voc), Noel Redding (b), Mitch Mitchell (ds)
  04. Catfish Blues  November 10, 1967
     Jimi Hendrix (g, voc), Noel Redding (b), Mitch Mitchell (ds)
  05. Voodoo Chile Blues  May 2, 1968
     Jimi Hendrix (g, voc), Jack Casady (b), Mitch Mitchell (ds), Steve Winwood (org)
  06. Mannish Boy  April 22, 1969
                       Jimi Hendrix (g, voc), Billy Cox (b), Buddy Miles (ds)
                     07. Once I Had a Woman  January 23,1970
                       Jimi Hendrix (g, voc), Billy Cox (b), Buddy Miles (ds), Unknown (harmonica)
                     08. Bleeding Heart  May 21, 1969
                       Jimi Hendrix (g, voc), Billy Cox (b), Buddy Miles (ds)
                     09. Jam 292  May 14, 1969
                       Jimi Hendrix (g, voc), Billy Cox (b), Mitch Mitchell (ds), Sharon Layne (p)
                     10. Electric Church Red House  October 29, 1968
                       Jimi Hendrix (g, voc), Noel Redding (b), Mitch Mitchell (ds), Lee Michaels (org)
                     11. Hear My Train a Comin' (electric)  May 30, 1970
                       Jimi Hendrix (g, voc), Billy Cox (b), Mitch Mitchell (ds)

                     MCD 1060 (1994)

Jimi Hendrixの死後、発掘された未発表音源を含めた多くの編集盤が比較的コンスタントにリリースされていますが、本作は、ブルースマンとしてのJimiに
フォーカスし、未発表音源を含めた全11曲の厳選したブルースナンバーのみを集め、94年にリリースされたものですが、内容の方もなかなか充実の1枚に
なってます。Bluesを通過しJazzに入ってきた私ですが、当時、ロッカーとしてのJimiよりブルースマンとしてのJimiが好きだった私にとっては、永久保存
盤として誠にありがたい1枚。
レコードからCDの時代になって間もない頃、例外なく全レコード処分という取り返しのつかないミスを犯してしまいましたが、当然その中にもJimiのアル
バムも多数含まれ、彼のデビュー盤 "Are You Experienced" も入っていたわけですが、その中にJimiのブルースというよりもブルースそのものに取り憑か
れる大きなきっかけともなった1曲 "Red House" が入っていましたが、本作には、当時の私の方向性に大きく関わったその1曲が含まれているのも誠にあり
がたい。今回記事化にあたり、"Red House"久しぶりに聴いてみましたが、録音から半世紀近く経っているにもかかわらず全く色褪せを感じないのには驚か
されます。アイデア、オリジナリティー、テクニック.................彼のブルースとしてのギターワークが、いかに先を見ていたものか、今さらながら思い知らさ
れます。

          

oldies 16
Jimi Hendrix
スポンサーサイト

Newer Entry201409-3

Older Entry201419-2

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
> < 06