前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

Sarah Partridge / Blame It on My Youth

S Partridge  Sarah Partridge (voc)
  1, 2, 4, 5, 6, 10, 12)Daniel May(p)  BenjaminMay (b) John Merola(ds)
  3, 8)Tony Monte(p) Frank Wess(sax, fl) Bucky Pizzarelli(g) Gene Bertoncini(g) Karl Schloz(g)
     Mark Josefsberg(vib) Linc Milliman(b) Terry Clarke(ds) Rich Derosa(ds)
  9, 11)Larry Ham(p) Fred Hunter(b) Sherrie Maricle(ds)
  7, 14)Allen Farnham(keyboards)

  Recorded 2002 and 2003 at Band-Ade Studios, Long Beach, California.
  NHCD092 (Nagel Heyer Records) 2003

                    01. You Turned the Tables on Me
                    02. Almost Like being in Love
                    03. Everyday I have the Blues
                    04. Haunted Heart
                    05. How Long has this been Going on
                    06. I've Got the World on a String
                    07. Blame it on My Youth
                    08. No More Blues
                    09. Just One of thoes Things
                    10. Detour Ahead
                    11. All the Things You are
                    12. This Can't be Love
                    13. Cheek to Cheek
                    14. Come Rain or Come Shine

幼年期をボストンで過ごし、アラバマの高校に通い、ノースウェスタン大学の演劇科の学生だったという彼女が、Jazz Vocalistとしてのキャリアをスタート
するきっかけは、カラオケだったらしい。
歌に若干の経験の浅さといった部分は感じるものの、クセの無い素直さと、特に豊かな中音域を持つ声質は魅力的で、途上である分、今後の伸びしろも十分
感じられる内容となっている。

特に T2 "Almost Like being in Love" は、お気に入りとなり高頻度でお世話になったという一曲。1曲でそのアルバムの私的価値が決まることがあるが、
私にとっては、まさにそんな感じの典型的1曲聴きアルバムである。
白人女性Jazz Vocalistとしては、取り上げるのもめずらしいT3 "Everyday I have the Blues" では、本格的ブルースも歌いこなすなど、
近年多いオシャレ系路線のVocalistとは、違う方向性を持った面も見せてくれる。

JAZZ-vocal 39 amazon quick link
Sarah Partridge
スポンサーサイト

Newer Entry201402-3 今日も雪・・・・・

Older Entry201402-2

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10