前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Love Letters / Barbara Dennerlein

loveletters.jpg

Barbara Dennerlein(org)
Daniel Messina(ds, perc, voc)
Recorded March 2001 (BEBAB 250969)

80年代のデビュー当時は、チープな音でごくごく平凡なプレイをしていた彼女ですが、
一作ごとに確実にStep Upしてenjaレーベル3作目の「That's Me」あたりでは、Musician
としての方向性もある程度定まってきたとの印象もあります。
その後、Verbでの3作を経て、自身のBEBABレーベルからリリースした本作では、dsとの
デュオという最小の編成ながら、広がりのある見事なOrgan Musicを聴かせてくれます。
持ち味の今を感じさせる一種クールなサウンドに温かさとやさしさが加わり一段と進化し 
た姿を見せてくれます。

確実に階段を上り続けてきた彼女ですが、この後の自身のレーベルから出した数枚では、
今まで感じてきた前向きの姿勢が薄れてきたかなと思わせるような印象もあり、ずっと彼女の
organを追い続けてきた私としては、ちょっと心配でもあります。
本作は'10年1月現在、現時点での彼女の頂点とも言ってもいい作品と言えるのではないで
しょうか。


Jimmy's Walk - Barbara Dennerlein(Hammond B3), Daniel Messina(ds)



JAZZ-organ 5 amazon quick link
Barbara Dennerlein
スポンサーサイト

Newer EntryFeelin' Dunk / Peter Autschbach feat. Barbara Dennerlein

Older Entry3 / Emmanuel Bex

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08