前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Afro Blue / Lonnie Smith

Afro Blue

Lonnie Smith (org)
John Abercrombie (g)
Marvin "Smitty" Smith (ds)
Recorded June 17, 1993

1. Afro Blue
2. Impressions
3. Naima
4. Traces of Trane (I Being Love)
5. Lonnie's Lament
6. Bessie's Blues

ストレートなジャズからコテコテのファンクまで、広いレンジを持つ彼は、43年生まれ。
自らが新しいスタイルを創り出すというInovaterタイプではないが、常に新しいものを取り
入れていくという姿勢は、大ベテランといっていい年令になった今日まで維持している。
本アルバムでもギターにJohn Abercrombieを迎え、コルトレーン縁りのナンバー全6曲を
モーダルにプレイし、その広い対応力を見せてくれる。
現在のorgan sceneでは、次代につながる先進性ある黒人プレイヤーが少ないだけに、
貴重な存在と言えるのではないでしょうか。

Abercrombieは、コルトレーンナンバーという内容がフィットしたのでしょうか。彼の
持ち味である暗い叙情性を内包した、知的なプレイが冴え、存在感を示しています。
こういう彼のプレイを聴いていると、その根っこの部分でJim Hallという存在との繋がり
をあらためて感じます。

JAZZ-organ 22 amazon quick link
Lonnie Smith
スポンサーサイト

Newer EntryLost in a Dream / Paul Motian

Older Entry植草甚一さんのイラスト

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10