前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Per-Oscar Nilsson Group / Now !

  Per-Oscar Nilsson (g)
  Marcus Strickland (ts, ss)
  Fredrik Kronkvist (as)
  Carl Winther (p)
  Jonny Aman (b)
  Daniel Fredriksson (ds)

  Recorded 8 & 9 March 2009 at Gula Stadion, Malmo, Sweden
  CTV 36521 (CONNECTIVE) 2010

                    1. The Trigger
                    2. Wood on Spin
                    3. Thin Eyes
                    4. ack High
                    5. Now !
                    6. D.U.M.B.O
                    7. Loose Fit
                    8. Cremasteric
                    9. Pure X        All Compositions by Per-Oscar Nilsson

Now-2.jpg

Tony Malaby参加の "Johnny Aman / 9 Stygn"(別頁あり)で、Malaby相手に、ちょっと妖しさもあるギタープレイとともに非凡な作曲センスも見せていた
スウェーデンの謎のギタリストPer-Oscar Nilsson、その気になっていた彼のデビュー盤が、前述の "9 Stygn" にちょっと遅れて、国内に入ってきていたの
を記憶していたので、手を出してみました。
その "9 Stygn"と同じくベースにJonny Aman、そしてMarcus Strickland(ts)の参加が目を引きますが、Jonas Kullhammar関連作などで度々聴いてきた
Daniel Fredriksson(ds)など、なかなか力ある面々が顔を揃えています。

ポストハードバップといった曲調で全編に渡り小細工なしにストレートに押す展開は、なかなか爽快なものもありますが、前述作でも感じていたように、全
曲オリジナルで、セクステットとなるグループの音楽をトータルにコントロールする力量は確かなものがあるようです。
このテナーのMarcus Stricklandを最前面に配し、自らはやや引きぎみの位置で全体を制御しグループの音楽をまとめ上げる力量は、やはり単なるギタリス
トにとどまらないスケールも感じますが、詳しい情報なく年令などもわかりませんが、ジャケ写で見る限り、若手であることは確かなようなので、楽しみな
存在です。ギタリストとしても、前述作では Malabyに合わせ、音数を抑えた空間を意識させるようなプレイがあったりしましたが、本作では、表情をガラリ
と変えて、ストレートに押すブレイからは、Rosenwinkelに通じる旬の流れも感じられるなど、柔軟な対応力も見られます。

全編を通じStricklandのテナーが光を放っていますが、それを生かして本作をまとめたリーダーの影のプレイの鈍い光を感じる1枚でもある。

             
             このムービーのトリオでのプレイでは、上記CDにおけるようなコンボーズワークから解き放たれ、ギタ
             リストPer-Oscar Nilssonとして、また違った表情を見せており、その間口の広さを感じさせる感性は、
             ちょっと気になる存在になってきそうな気配。


JAZZ-guitar 79 amazon quick link
Per-Oscar Nilsson

スポンサーサイト

Newer EntryLorenzo Minguzzi New Organ Trio / N.O.T. for Me

Older Entry201308-3

 

Comments

Edit
動画のプレイは、パッと聴いた感じ、
確かにカートに似てますね。
こりゃいいギタリストです。
EditRe: タイトルなし
Gさん どうもです。

CDなどで聴くと、結構、統率力もあって大きくなる気配。
リーダー作は、知っている限りではこれ1枚ですが、
うまく伸びてほしいです。
それにしてもギター界は、裾野が広く、無名でも
とんでもないのがゴロゴロいますねぇ。

ところで広島は、いつのまにかCS争いに入ってくる気配。
ウチも最後にカープに首をとられるような事態にならんことを
祈るばかりです。

ハンコックがリオーネル・ルエケを引き連れて広島に
行くようですねぇ!

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10