前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > 和菓子  

わかばのたいやき(四谷見附)

               

               たいやきにもむかしから御三家と言われてる味のビッグ3があるのだが、今回は、そのうちの一つ
               「わかば」である。
               ここのたいやきの特長は、尻尾まで餡がしっかり詰まっていること。
               これを昔、演劇評論家の安藤鶴夫氏が「尻尾まで餡が入った誠実さ」と新聞に評したところ、
               やはり御三家の一つ「浪花家」のファンだった映画監督の山本嘉次郎氏が
               「しっぽは、そもそも甘い餡を食べた後の口直しであって、入れるべきでない」などと反論したことで
               マスコミを巻き込んでの大論争に発展したことがあったのだが、
               今思えば、両者とも知名度アップにもなり、店のいい宣伝になったのでは...........今では、両者ともに
               超人気店として親しまれている。

               さて、そんな隅までしっかり餡の詰まったわかばのたいやきですが、餡の甘さも適度で
               しつこさは、まったくありません。うまい!

               wagashi-6-2.jpg wagashi-6-3.jpg

               わかば)住所:新宿区若葉 1-10(地図
                      Tel. 03-3351-4396
                   営業時間:9:00〜19:00
                   地方発送:不可
                   イートイン:可
                   ねだん:一ヶ ¥140(2013.6現在)

               その他のたいやき関連記事 → 根津のたいやき 

Gallery-和菓子-6
スポンサーサイト

Newer EntryJake Langley / Diggin' In

Older EntryBarbara Dennerlein Duo / It's Magic

 

Comments

Edit
J Worksさん、こんにちは

たい焼きにも御三家があるのですか。
味音痴なのか、オーソドックスなたい焼きはどの店も同じ味にしか感じません。

地元には「鯛八」っていう店があって、普通の味ですがサイズが巨大、しかも安い(つぶあん1尾120円)、ご賞味済みかも。

話はジャズに変わりますが、Samuel Blaserの”Boundless”手に入れました。 リーダのSamuelもお勧め通りよかったのですが、ドラムのGerald Cleaverに関心しました。
EditRe: タイトルなし
tam.ra さん こんばんは

私も以前は、たい焼きなんて、同じ材料で作るんだから
どこも同じだ、なぁんて思ってましたが、
実際、食べてみて、なるほど御三家と呼ばれるだけの
違いがありました。
どうして、美味さに違いが出るのかわかりませんが、
それが、職人の技というやつなんでしょうか。
近くに行った時は、つい買いたくなります。
「鯛八」は、知りませんでした。

"Boundless"入手されましたか。
Cleaverは、オーソドックスな4ビートからフリーまで
幅広い対応力と繊細な神経の持ち主で、いいですねぇ。
このプロジェクトでDucretのパフォーマンスの質が
UPしていると感じられるのもうれしいところです。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 11