FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

guitar 編プロローグ

楽器ごとに集中するような聴き方をしてきた私は、Jazzとつき合い始めるようになった頃、
それまでblues少年だった時代に馴染みのあった楽器であるguitar, organなどを集中して
聴きました。Wes Montgomery、Kenny Burrell、Jim Hll、Larry Coryell, Joe Pass,
Grant Green, Django Reinhardt, Gabor Szabo,............等々、当時の代表的なところ他
第一期guitar期と呼べる時代に、ほとんど一度は聴いているといっていいでしょう。

その後、piano, tenor saxなど他楽器では集中して聴く時代があったのですが、guitar に
関しては、ありませんでした。それは、guitar にのめり込むようなきっかけの節目となる
ような大きな出会いが、たまたまなかったというのも理由かもしれません。
しかしながら、それぞれの楽器時代に、それらと関連したものを中心に、コンスタントな
つき合いは続けてきたということで、細く長い付き合いと言えるのかもしれません。

そんなguitarとの関わりでは、あったわけですが世紀変わり目あたりから第2期organ期
に入ると、organとの関連ということで、聴く機会もぐんと増え、新しい感性を持った
guitaristとの出会いに非常に期待しているという現在の状況です。

このguitar編では、第1期で出会ったgutarに関しては、もういろんなところで語り尽く
されていること、私にとっても、もう過去のことであり、このブログのタイトル通り、
前を向いたJazzとの関わりが基本の私としては、いまさらということでもありますので、
今の時代を踏まえたという内容に絞って第2期guitar期として進めていきたいと思います。

JAZZ-guitar 1
スポンサーサイト




Newer EntryLiberte Surveillee / Daniel Humair

Older EntryLook at the Doorkeeper / Sebastian Steffan

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10