前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > ねこばなし  

流れ者復帰!

  neko13-main.jpg

 
 本コーナーの主人公 シロウくんが、ある日突然、姿を消してしばらく経ちました。
 ご主人さんは、来る日も来る日も今日は戻るかもしれないと待っていましたが............................
 そのご主人さんの完全家ネコ化計画も、順調に進み、ほぼ完成に近いところまで来ていたのですが、元々が流れ者で自由こそが生きがいという本人(とは言
 わないか?)の意思を尊重し、計画を進める中でも行動の自由は一切妨げないということで、専用ネコドアも設け、家への出入りも自由にしてましたが、そ
 れがためにもし災難に遭う結果になったとすれば、残念なことです。
 外出の多かったシロウくんですが、だんだん家で過ごす時間も多くなり、いなくなるちょっと前は、一日の大半を家で過ごす生活状態で、たとえ外に出ても
 身体的な問題が無い限りは、ほぼ100%戻ると思える家ネコ状態になってましたので、戻らない原因を考えると、あまりいい想像ができないのですが、、、、
 元々流れ者だったシロウくんは、外で生きる術を知っています。どこかで、たくましく生きていてくれることを信じ、タイトルも「行方不明」とはせず、前
 向きに「流れ者復帰」としました。
 考えてみれば、シロウくんは、ご主人さん(義理の両親)を、気持ちの面でどれだけ癒してくれたことか、その効果は計り知れないほど大きなものがあったと
 思います。外では、抗争好きのヤクザなシロウくんでしたが、人には決してツメを出さないというやさしい一面もあるヤツでした。あらためて感謝です。
 いつの日か突然、顔に引っ掻きキズでもつくって、ひょっこり表れる、そんな気もしてますが...........................................................そうあってほしい。 

        
        neko13-1.jpg neko13-2.jpg neko13-3-2.jpg

        neko13-4.jpg neko13-5-3.jpg neko13-6.jpg

        neko13-7.jpg neko13-8.jpg neko13-9.jpg
 
Gallery-ねこばなし-13
スポンサーサイト

Newer EntryIctus Live

Older EntryRez Abbasi Trio / Continuous Beat

 

Comments

Edit
J worksさん、こんにちは

動物を飼うと、こういう事があるととても辛いですね。
本当は、猫達と一緒の生活が出来ればと望みますが。
二度も、長く飼っていた猫達を見送らねばならなかったからやはり再度生き物を飼う事が躊躇されます。

シロウ君、無事にいてくれればいいけど・・・
この冬は寒いようですからあまり希望も持てないかもしれませんが。

しかしシロウ君はとても強そうなお顔をしていますな。
ひょこっと帰ってくるかもしれませんね。
Edit失ったものはおおきい!
まん丸さん こんばんは

飼い猫というより、気ままな居候という感じでしたが、
3年ほどのつき合いになるので、愛着のあるネコでしたね。
所かまわず、よく寝てましたが、それだけで、癒されるものがあります。
もし、帰って来たら、いっぱいごちそうしてやりたいところですが、
状況は極めて悪いようです。

たしかに強いネコでした。
飼い主は、「向かうところ敵なしだ」などと自慢げに話して
ましたが(笑)。
しかし、弱い者いじめはしない、できたヤツでした(泣)。

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10