前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Marc Ducret / News from the Front

           News from the

           Marc Ducret (electric and acoustic 6+12 string guitars, fretless guitar)
           Herb Robertson (tp, flh)
           Yves Robert (tb)
           Francois Verly (perc, drum machine)

           Recorded at Bauer Studios, Ludwigsburg, June 23-26 and July 24+25, 1991.
           eng: Johannes Wohlleben
           919 046-2 (Wnter & Winter)

           01. Pouer Aqnes
           02. Cab I Call You
           03. News from the Front
           04. Fanfare
           05. Wren is Such a Strange Name
           06. Silver Rain
           07. Golden Wren       All compositions by Marc Ducret, except title 06 by Jean Michel Pilc.

15年程前、Jamie Saft(org) 目当てで購入した "Bobby Previte / My Man in Sydney(Rec.1997)"(別頁あり)で出会って以来、その強烈な個性と変態性に
惹かれ、ストーカーのごとくその後を執拗につけ回してきたというギタリスト Marc Ducret(B1957)てすが、今まで聴いてきた彼の作品も前述の97年作以
降の比較的新しいものが中心でした。現在の極変態とも言える彼の感性と芸風ですが、80年代は、先進性も感じさせつつ、彼としては、今と比べれば、至
極真っ当なブレイをしていたわけですが、ストーカーの私としては、現在のスキンヘッドの極変態形への脱皮時期の状況も是非知りたいと思うわけです。
そんなわけで、約20年前というちょうどそんな時期にあたる過去盤ですが、手を出してみました。一人のミュージシャンを深く知るためには、この前を洗
う作業も不可欠となります。

さて、本作ですが、Jean Michel Pilc曲の "06 Silver Rain" を除き、全てDucretの手によるものとなっており、内容も今につながる個性が色濃く出始めて
きた過渡期といった印象もあり、誠に興味深いものがあります。現在の彼関連作でも意外と多いベースレスという管2本を相手にした変則編成となっている
のも彼らしく、彼の持つエキセントリックでシニカル、シリアスな世界観がよく表れ、音楽はそんな彼の世界を鋭く切り取った断面として見ることができる。
あらゆるスタイルを吸収したDucretは、ギタリストとしては、エレキ、アコギそれぞれの6弦、12弦そしてフレットレスギターまでをも使い分け、多彩な
表現を見せてくれるが、一方、高低2本の管、ドラムマシンを巧みに配したコンポジション面においても彼の並々ならぬ能力を見る事ができ、自身の音楽を
クールに俯瞰視しながら創り出す音世界は、生々しくもリアリティーにあふれている。
本作を聴いて、あらためて思うのは、現在のフリーな中でのインプロを主体とした立ち回りの中から活路を見出す、共生の空間を構築していくといったスタ
イルとは、だいぶ違ったものがあり、自由は残しつつも音楽はかなり創り込まれた感のあるものとなっており、ギタリストとしてということ以上に音楽を創
るという部分で、はっきり意志の通った1枚のアルバムとしているそのコンポジションに心動かされるのである。現在の外見から単なる「乱暴者の爆音ギタ
リスト」といった印象を抱かれる方も多いのかもしれないが、音楽はディテールまで神経の行き届いた繊細かつ知的なものとなっており、その点では、彼の
一貫した音創りの姿勢も見え、現在の彼も根底にしっかりしたものがあっての自由であることを思いしらされる。

そんな彼の世界観が垣間見えるようなジャケットのアートワークも、シャープだ。
最近のCDジャケットには、内容と全く関係ないとも思えるようなものも多い、悪くいえば、内容を理解してない、そして内容を無視した、ジャケットのデ
ザインだけで人目を引き、ごまかし、売り上げをのばそうといった邪悪な魂胆も感じ取れるものも少なくない。
DL販売がのびる一方でCDの売り上げが年々落ちているという中、ジャケットのあり方も見直し、DL購入では得られないこのジャケットという部分で魅力
ある商品とするべく努力を怠れば、CD離れは、ますます加速するのではないだろうか。

その他のMarc Ducret関連記事は → こちらから

JAZZ-guitar 55 amazon quick link
Marc Ducret

スポンサーサイト

Newer EntryCarla Bley / Sextet

Older EntryMatchbox Art Gallery-24

 

Comments

Leave a comment







1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09