前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: sax (第2期)  

Archie Shepp / I Know about The Life

I know about the life   Archie Shepp (ts)
   Ken Werner (p)
   Santie Debriano (b)
   john Betsch (ds)

   Recorded at McClear Place Studios, Toronto on Februaryy 11, 1981
   hatOlogy 598 (HAT HUT Records) 2003

   01. Well You Needn't
   02. I Know about the Life
   03. Giant Steps
   04. Round Midnight


フリー・ジャズの闘士として先鋭的な活動をしていた頃からの長いつき合いとなるSheppだが、ある時期からは、かつての伝統を破壊するかのような激しい
プレイから、あたかも伝統を再創造するかのようなプレイを見せている。
そういった兆候は、前衛の真っただ中にいた時から、なんとなく匂わせており、それは彼自身のルーツを確認していたかのようでもあり、そこから発展的展
開を試行していたかのようでもあった。
そんな流れの中で、特にTenorのBalladには特別の思いを持つ私の心に響いてきたのが後期SheppのBalladプレイである。
SheppのBalladの魅力を簡単に言えば、彼独特のドスの利いた凄みすら感じるテナーでありながらも、その背後に流れる黒い哀感とでも言ったらよいのでし
ょうか、そこに強く惹かれるものがあるようで、これを感じさせるテナーは、他にいません。一音で彼とわかるほどの強烈な個性とアク、まさにワン・アン
ド・オンリーの世界を持ったテナーマンであり、私が長年つき合ってきたのも、そこに特別なものを感じていたからに他ならない。

Sheppは、非常に多作家であり、自身名義のアルバムの他、参加作も含めると膨大な量となり、これまでお目にかかったこともなく知らないという盤は、数
知れず、それらを全て聴くことなど到底無理なことですが、たまに気になるものが出てくると手を出すというパターンが長年続いているといった具合です。
本作は、かつてカナダのSACKVILLEに吹き込まれたようですが、あらためてhatOlogyから出たもので、出会った時のジャケットの印象が、当時、私がShepp
に抱いていたイメージと重なり思わず手にとったという盤ですが、内容の方は、フリーあるいは難解な要素が入ったりするようなこともなく、全編、極オー
ソドックスに通してます。タイトル曲ともなっている自身のオリジナル "I Know about the Life" そして "Round Midnight" がBalladとなっていいますが、
出来としては、Sheppとして極平均的レベルといったところでしょう。それでも、他の誰でもない強烈な個性とともに粘るようなアクを発散するテナーは、
それだけで納得してしまう存在感があります。
そんなSheppの普通の盤ではありますが、Sheppをイメージした時、なぜかこのジャケットがダブるという、私にとっては、普通とは違った不思議な魅力を
秘めた盤と言えるのかもしれません。

JAZZ-sax 46 amazon quick link
I Know about the Life

スポンサーサイト

Newer Entry2012年 極私的この1枚

Older EntryBill McHenry / Roses

 

Comments

Edit
Sheppですね。
たまたま昨日私のサイトでも取上げました。

ご意見、まったく同感です。
この人の存在感は薄れることがなく、フリーも最高でしたがバラッドも心動かすものがあります。

最近のテナーで、こういう人いますかね?
EditRe: タイトルなし
tam.ra さん オハヨーゴザイマス

図らずも、Sheppの記事が重なってしまったようですね。
先日の内田裕也といい、何か不思議な力が働いているかのようです。
ブログでUPされている盤は、私の好きな"But Beautiful"が
入っていることもあり、非常に気になるところです。
現在、入手しずらい盤のようですが、ちょっと探してみたいと思ってます。

SheppのBalladには、特別の響きを感じてます。
この響きを持ったテナーは、他に思いつきません。
無理あげるとすれば、Tony Malabyのテナーに
Sheppとは異質ですが、時々、普通でない響きを感じることがあります。
それが何なのか?正月のテーマです。
Edit
J worksさん、お久です。

普段フリーはほとんど聴かないまん丸ですが、一曲だけ彼のフェヴァリットがあります。

Annette Lowman というヴォーカリストの伴奏をしているのですが、この時のソロのパートが凄くいいのです。ほとばしるような愛を込めて吹き荒れるというか、愛の嵐みたいな感じというか。ブキブキとうねる My Funny Valentine のサックスがなんともいえません。こんなマイファニを聴いたのは後にも先にも彼だけです。これぞArchie Shepp って熱さを感じる一曲です。

お正月のテーマを楽しみにまっています。
今年も楽しくお付合いくださり有難うございました。
来年も宜しくお願いいたします。
EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんにちは

"Lover Man"というタイトルでAnnete Lowmanが参加して
いる盤を持っていました。たぶんそれですね。
しかし、20年程前に、LPを中心にCDも含め大整理を決行した
時があり、その中に含まれていたようで、現在は手元にありま
せん。
かすかに、"Yesterdays"が気に入っていた記憶があります。

当時、LPで処分したものは、いずれCDで買い代えようなどと
思ってましたが、結局、一度処分した内容もわかっているものを
再び買う気にもなれず、ならばその分、未知のものを買った方が
ということで、これが新しいものに目を向けるきっかけの一つ
にもなったような気もします。

ということで、今年もあとわずかという中、
まだまだ雑用があり、落ち着かないという感じですが、
今年もお世話になりました。
来年もよろしく。

"予備軍"、アバウトでなかなか便利なことばですなぁ(笑)!

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08