前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

Kolkhoze Printanium / vol1 Kolkhoznitsa

   Paul Brousseau (key, voice, snare ds)
   Maxime Delpierre (eg, effects)
   Hugues mayot (ts, ss)
   Phillippe Gleizes (ds, perc)
   Jean Phillippe morel (eb, effects)
   guest
   Ucoc Lay - 6
   David Linx - 15
   Matthieu Metzger - 4

   Recorded at Studio Midilive (FR) in June 2007
   d'ac151 (D'Autres Cordes) 2008

Kolkhoze-2.jpg   01. Sans Le Savoir
   02. Our Faces at "The Motown" (a)
   03. Part (b)
   04. Stalker AT79
   05. Fsy Tokyo
   06. Kolkhoze
   07. Ssen Soupape
   08. Chaotic Mantra
   09. Kolkhoze Talk
   10. Morgenrot (a)
   11. Part (b)
   12. Errance Digitale
                       13. Petrovsky 1988
                       14. Surround
                       15. Mana

Kolkhoze Printaniumは、キーボード、作曲担当のPaul Brousseauを中心として、当ブログでもおなじみのフランスのギタリストMarc Ducret(B1957)から強い影響を受けて '07年に結成されたという同じくフランスのAvant Jazz/Experimental Rockバンド。

内容は、全てPaul Brousseauのオリジナルとなる全15曲だが、所々でフランス語による語りらしきものも入り、その内容は掴めないのだが、結構しっかり作り込まれた感もあり、全体を通してストーリー性も感じられるようなつくりとなっている。

モーダル、ポリリズミックな要素も入り、終始ハイテンションをキープしつつ、繰り出されるインプロは、ヘヴィー且つ攻撃性に満ちており、彼らのつくり出す音像は、ダーク、シリアスそしてダーティーなイメージだ。
Marc Ducretから影響されたというだけあり、極めて強変態性の音源である。

JAZZ-Other Instrument 14
スポンサーサイト

Newer Entry塩野(赤坂)

Older Entry

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 06