前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Other Instrument  

Yukari / Dreams

  Yukari (fl, composition)
  Ben Monder (g)
  Thomas Morgan (b)
  Greg Hutchinson (ds)
  Leon Gruenbaum (samchillian - 03)
  Greg Osby (as - 06)

  Recorded at Acoustic Recording,
  Brooklyn, NY, 12/18/09 &12/29/09
  INCM 014CD (inner circle music) 2010

                     01. All You Want
                     02. Annod Eel
                     03. Choral in 3009
                     04. Spark
                     05. I Love You Porgy
                     06. Hopper
                     07. Extended Orbit
                     08. Morning Waltz
                     09. Sky

現在NY在住の日本人フルート奏者 "Yukari"の2003年作に続く2作目となる本作は、元々フルートが好きな楽器であったことに加え Ben Monderの参加が魅力となり購入したもの。
前にもそんなことは言ったような気もするが、Ben Monderというギタリストは、私にとっては、好きな部分と嫌いな部分という極端な両極を持った極めてつき合いの難しい存在。従ってアルバム購入にあたっても、そのどっちの面が出てくるのか、イチかバチかの博打買いとなってしまうところがあるのだが、本作も女性のフルート奏者ということで、基礎は、しっかりクラシックで、そしてアルバムタイトルの「Dream」などからイメージしてその音楽も、清く爽やかなものをイメージしていたので、私の好きな方の面であるダークサイドのMonderの出現確率は極めて低いことは予想してました。極めて勝ちの確率の低いことも予想していながらの博打買いということになった本作ですが、それだけに裏を返せば、好きな面のMonderには、強い魅力も感じているということなのでしょう。

さて、一聴して、彼女のフルートは、しっかりした技術が備わっており、その点での問題は無く、年令など詳しいところはわからないのだが、写真などから若手であることは間違いなく、今後の経験によりますます磨きが、かかるのだろう。彼女は、こうしてミユージシャンとしての活動をスタートさせる前は、バックパックをしながら世界各地を転々とし、各地のワールドミュージックに接してきたらしい。本作を聴いても音楽にいろんな要素やら匂いが感じられるのも、彼女のそんな過去が反映されているのかもしれない。ただ、全体を通して聴き、いまいち個性面で物足りなさを感じるのは、いろいろ経験してきたことが、整理、消化され自分のやりたい音楽として集約され、はっきりしないながらも、音楽の方向性も一応定まり、強い意志をもって音楽が成されていない、言わば過程の音と感じられるのである。非常にピュアな感性の持ち主とも感じられる彼女のフルートは、今後の経験がそれに磨きをかけてくれるのでしょう。そのためにもぜひいい経験を積んでほしいと願わずにはいられない。但し、美しい音に接するばかりが、美しい音を生み出すことには、つながらないこと、どこかで感じてほしいのである。

さて、Monderですが、ちょっと前のKristjan RandaluとのDuo盤 "Equilibrium"(別頁あり)でも、そうだったように、ハッキリしないプレイぶりです。ここでのMonderは、サポートに徹しており、ソロも多くとりません。元々オレがオレがと出るタイプではないのですが、私の駄耳にも、ここはもう少し出た方がと思えるようなところもあったり、あるいは、サポートというよりは、逆に足を引っ張ってしまっているところもなきにしもあらずで、どうなんでしょうかねぇ?

それでもYukariのオリジナルと思われるラストの一曲 T9 "Sky" では、Monderらしいスペイシーな表現により、スケール感もある幻想的な一曲となっており、Yukariのコンポジション面でのセンスも感じられます。

Monderという人は、ムラッ気のある性格なのでしょうか?謎の人物です。そんな謎を秘めたミステリアスなところも魅力ではあるのだが、今後つき合っていくにしても、相当な覚悟と忍耐とをもって臨まないといかんようだ。

JAZZ-other instrument 13
スポンサーサイト

Newer EntryJohnny Aman / 9 Stygn

Older EntryJared Gold / Golden Child

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10