前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Trio M / Big Picture

Big Picture



  01. Brain Fire and Buglight
  02.For Bradford
  03. Naive Art
  04. Big Picture
  05. Modern Pine
  06. Secrets to Tell You
  07. Feekonomics

Myra Melford (p)
Mark Dresser (b)
Matt Wilson (ds)
Recorded at Acoustic Recording Studios, Brooklyn, NY December 16, 2006
CG134 (Cryptogramophone) 2007

いずれも米国のfree jazz/improvの文脈で活動してきたMのイニシャルを持つ3人
の個性派によるグループ "Trio M" の2007年作。
決まったリーダーはなく、3人が対等に曲を持ち寄った内容となっている。

90年代前半のデビュー当時のMyra、ハードでパーカッシブな攻めの勢いは、年令
とともに柔らかさも加わり、近年の彼女の音楽は幅も広がり包容力も感じられるよ
うなピアニストそしてコンポーザーになってきたように思う。

本作においても、その幅を広げた語り口からは、変幻自在の強力なリズム陣との
フリーな絡みを基本としながらも、伝統的バップ、ブルースやメロディアスな展開
も加わり、また静と動、それらが全体として絶妙のサジ加減で配分され共存した音
楽となっているのではないだろうか。
普段は、表面にあまり出さないが、奥に濃厚なブルース感覚も潜ませているMyra
のピアノは、その質感に微妙な影をつけ魅力となっている部分もあるのだろうか。
Dresserのアルコも相変わらず魅力的な響きを出しており、このトリオでの彼の存
在は大きい。

その他のMyra Melford関連作は → こちらから



Myra Melford plays blues piano @ Inage Candy

JAZZ-piano 64 amazon quick link
Myra Melford
スポンサーサイト

Newer EntryGary Versace / Outside In

Older EntryDouglas Bradford / Atlas Obscura

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 07