前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Samuel Blaser Quartet @ Vilnius Jazz '10, 2010-10-14

前回、記事とした Samuel Blaser Quartet、場所も変わったことでDucretのソロも
ガラッと変わっており、彼らを知る良い材料ともなるのでUPしておきます。
Ducretのソロは、相変わらず独創的かつ奔放に飛ばしており、その高品質の
インプロには、ヤラれます。

ウォッチキャップに指先を切った手袋、赤いマフラー巻いてのプレイ、カッコ良すぎ!
今年の冬は、おいらもこれでキメてみよう(爆)!





Samuel Blaser Quartet's performance @ Vilnius Jazz 23th international festival.
Russian drama theater, 2010-10-14, Vilnius, Lithuania.

Samuel Blaser (tb) Marc Ducret (g) Baenz Oester (b) Gerald Cleaver (dr)


本日の妄想
オルガンを加えたMarc Ducretトリオ、これが夢だ。
が、現時点ではDucretの先進レベルに対抗できるオルガニストはいない。
Ducretの奔放なプレイに、さらに刺激を与える豊かなアイデアと柔軟な感性を持った
ドラマーの人選、これも難しい。
しかし、これが実現すれば Lifetime をはるかに超えた、超モダンユニットになるに違い
ない。
有り余るお金と時間があったら、こんなのをプロデュースしてみたい。
しかし、コワいDucretとの交渉は難航必至だ。英語のできないおいらは、その前に英会
話学校にも行かないと、いやいや、Ducretは、フランス語でないとダメかも,,,,,,
あはははっ → ははっ(苦笑) → ふはっ(タメ息)


過去の Marc Ducret 関連記事は → こちらから

JAZZ-guitar 38
スポンサーサイト

Newer EntryGrant Green / Talkin' About!

Older EntrySamuel Blaser / Boundless

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10