前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

Diana Krall / Love Scenes

Love Scenes





  Diana Krall (vo, p)
  Russell Malone (g)
  Christian McBride (b)
  IMPD-233 (IMPULSE) 1997

01. All or Nothing at All
02. Peel Me a Grape
03. I Don't Know Enough about You
04. I Miss You So
05. They Can't Take That Away from Me
06. Lost Mind
07. I Don't Stand a Ghost of a Chance with You
08. You're Getting to be a Habit with Me
09. Gentle Rain
10. How Deep is the Ocean (How High is the Sky)
11. My Love Is
12. Garden in the Rain

Diana Krallは、お気に入りのvocalistとして、このブログのVocal編の最初で
"The Look of Love"(別頁あり)の記事歴もあり、以前は、全てのアルバムを聴いて
いたのですが、エルヴィス・コステロとの結婚後初めてのアルバムとなった
"The Girl in the Other Room" で、それまでとは何かが変わってしまい、歌に魅力
を感じなくなってしまった私は、それ以後、彼女のアルバムに手がのびません。
しかしながら、かつてよく聴いていた頃のアルバムは、今でも時々聴くこともあり
ますが、やはりその類いまれな天性の歌のうまさには魅せられてしまいます。
しばらく間があきましたが、そろそろ彼女の新作もチェックしてみたいと思える状
況になってきた今日この頃です。

さて、本作は、かつてよく聴いていた頃の中でも、お気に入りの一枚と言っていい
でしょう。特に捨て曲なし、粒ぞろいのナンバーが揃っているという本作ですが、
Dianaのアルバムでは、たいていその中に1~2曲、非常に高頻度で聴いたという、
特別お気に入りの曲が入っていましたが、本作中の "How Deep is theOcean"
がまさにそれです。この曲、多くの人がやってますが、その中でも私的には、上位
にランクしているという程、Dianaのこの一曲には、特別のものがあります。
ドラムレスというフォーマットが、Dianaのヴォーカルのきめ細かなニュアンスの
表現にも、プラスに作用していると思え、このフォーマットを好む彼女の考えもよ
く理解できるという本作です。


さて、この "How Deep is the Ocean" ですが、Dianaバージョンに負けず劣らず、
私的お気に入りとなっているのがデンマークの歌姫 Sinne Eeg(別ページあり)の
バージョン、このデビュー盤以降も順調に伸びて、アルバムリリースもコンスタン
ト、いずれも好内容という彼女ですが、先日その彼女の最新の状態を知るべくLive
に行ってきました。今回初めてとなる場所でSinneとご対面です。ズバリ、エエで
す!
生Sinneは、あまり飾りをつけない素直なフレージングで歌唱も安定し、巧みなス
キャットには、ヴォーカルでは希薄になりがちなJazzの魅力でもある即興性も備わ
っており、Jazzの伝統を踏まえつつ、今を生きる現代のヴォーカリストとしての旬
な感性を見せてくれました。
惜しむらくは、支えるバック陣の感性に若干の古さがあり、彼女の現代的感性との
相性面での問題も感じましたが、共演者によってはさらなる彼女の魅力も引き出せ
たと思えたのがちょっと残念なところでしょうか。
外見に似合わず、勝ち気な性格で姉御肌、キッチリ仕切ってました。
女優並みのルックスは、◎!

Sinne Live

JAZZ-vocal 27 amazon quick link
Diana Krall
Sinne Eeg
スポンサーサイト

Newer EntrySinne, Sinne, Sinne,

Older EntryOliver Friedli / Inside Outside

Trackbacks

( photo by manmarukumi at seaworld in Kanagawa ) あっと言う間にもう10月に入ってしまいました、温度も急激に下がり1日には初暖房をいれました。今日も朝から冷たい雨が降っており今年最後にな

 

Comments

Edit
J worksさん、今晩は。

TB有難うございました。

実は私もコステロと結婚して後に出された "The Girl in the Other Room" の辺りからなんか違う。ダイアナのスタイルが変わってしまったと感じました。きっと新しい自分探しというか違う可能性の模索の時期だったのかしれませんが、ずっとデビューからフォローしていたのでがっかりした事を思い出しました。

他にもコステロと子供の為のアルバムなども出していますが、こちらもあまり魅力を感じませんでした。

それで近年にみた南アメリカでのコンサートDVDでは本来の彼女が戻ってきた、そんな感じで双子の母親でありアーティストであるダイアナが一回り大きくなって(体系の事ではありませんよ)戻ってきた感じで安心しましたが。

やはり私としては、このアルバムの時代が一番好きです。声にも艶があるしね。ちなみに一番好きな盤は、When I Look In Your Eyes です。どういう分けかこのCDは、二枚も買ってしまいました。
EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんばんは

一回り大きくなったというDiana、私も試してみたいですね。
基本、好きなVocalistなので、これからも
永くつき合うことになるでしょう。

"When I Look in Your Eyes"では "Devil May Care"を
高頻度で聴きましたね。
Dianaのキュートな面がよく出た一曲で、はずせません。
もっとも、私の場合は、英語がわからず、Vocalも音として
感覚的にとらえてのことなので、歌詞をよく理解して
聴けば、また違った結果になるのかもしれませんが。

>ただただ置く場所が変わっているだけで・・これじゃ
 駄目ジャン状態です

まるで吉本のコントですね。
何やっとんねん!とキツいツッコミの1つも入る場面です。(笑)
Edit
J worksさん、お久しぶりです。

どういう分けか、自分のトラックバックしたいトピックが上手くつながりません。
色々とトライしていたらこちらにはトラックバック返信で繋がっています。
私の所の機能が少し変なようです。

このトラックバックはご迷惑でしたら削除して下さいね。
EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんにちは

TBは、問題なく入ってます。大丈夫です。
まん丸さんの記事では、"How Deep is The Ocean"に
関して、かなり詳しく解説されていたので
参照記事として大変参考になると思います。
ありがとうございます。

Leave a comment







1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
> < 09