前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Oliver Friedli / Inside Outside

Inside Outside-1

Inside Outside-2




  Oliver Friedli (p)
  Andreas Hoerni (b)
  Fernando Fontanilles (ds)
  Recorded July 10-13, 2001
  自主制作

  01. Outside. On Green Dolphin Street
  02. Stepping Forward
  03. Square
  04. Rat Race
  05. The Change
  06. Ask Something Else
  07. Playground
  08. The Child Within Me
  09. Decisions
  10. Timeless
  11. Inside

スイス出身のピアニストOliver Friedli(B1977)のセルフプロデュースによるデビュー盤。

ミディアムからアップテンポの曲を並べ、全編に渡りエネルギッシュに躍動感溢れるプレ
イで押し切ったといった感のある一枚である。
録音時24才という若さが良くも悪くもよく出た内容だと思うが、その多少の荒さも、自主
制作にかける意欲と若いパワーにより、吹き飛ばしてしまうほどの勢いを見せており、こ
の小細工なしのストレートな攻めこそが彼の持ち味なのかとも思えるのだが、もう少しの
余裕と緩急の出し入れを覚えたら、その表現の質も格段にレベルアップするのではとも思
えるのである。その辺はきっと今後の経験によりクリアーされるのでしょう。
技術面では、非常に高いものがあり、指もよくまわるといったいった印象の彼だが、その
影の無い明るく見通しの良い質感は、仄暗い質感を好む私にとっては、ちょっと眩しすぎ
てしまうようだ。それに全て直球で勝負してくるので、アルバム通して聴くと単調になっ
てしまうのは、もったいない。アルバムをトータルに見た場合、抑揚をつけるなど、そこ
にワザがほしかったとも思えるのである。

そんな正負両面で、若さを感じるピアノだが、それだけに本作録音時点では可能性もある
ピアニストと一応の評価は、していたのですが、その後、目立った情報もなくどうしてい
るのだろうか。
感性としては、既成の枠内で勝負するタイプのようである。その枠内か否か、そこは私に
とっては、音創りの姿勢として最も重要なところでもあり、この若い勢いを枠を飛び出す
方向に持っていってくれたらとも思えるのだ。

JAZZ-piano 62 amazon quick link
Oliver Friedli
スポンサーサイト

Newer EntryDiana Krall / Love Scenes

Older EntryNew for Now / Jonathan Kreisberg

 

Comments

Leave a comment







1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
> < 06