前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

"From Above" / Viktoria Tolstoy


Viktoria Tolstoyのアルバム 「My Swedish Heart」 からの一曲
"From Above"
Wakeniusのギターが泣かせる。





「My Swedish Heart」の記事は → こちらから

Ulf Wakeniusについては、後日(2006年)、Kjell Ohman(p), Hans Backenroth(b)
Joakim "Jocke" Ekberg(ds)を従えたカルテットを生で聴く機会に恵まれましたが、
このユニットは、Petersonの世界が色濃く反映されたもので、残念ながら、本曲に
感じられるような哀愁ある響きは聴けなかった。
その時点での自分の求める方向性とは違ったこのライブでの印象が後を引き、その
後、彼とは疎遠になってしまったという経緯があるのだが..................................
人生とは、押し並べてちょっとした出会いのタイミングに大きく左右されるもので
ある。


JAZZ-vocal 26 amazon quick link
Viktoria Tolstoy
スポンサーサイト

Newer EntryJohn Abercrombie / Speak of the Devil

Older EntryJoel Harrison / Search

 

Comments

Edit
わぁ。。。
何とも、どうした、どっこいショ。

ワケニウスは念願かなって、一昨年(あぁ、、もう、一昨年なんだ。。)ヤンソンときたときに聴きました。
ですから、例のコストパフォーマンス最高のあのぎたーで、「哀愁ある響き」を聴きました。。

>人生とは、押し並べてちょっとした出会いのタイミングに大きく左右されるもので
ある。

そうなんですねぇ。
でも、昭和生まれなんで意外と忍耐強いおかみです。はい。
EditRe: タイトルなし
こんばんは

ウルフとは、いい時に出会ったようですねぇ、そいつぁ~良かった!
強運の持ち主のようで。
人生とは タイミング、つくづく感じてます。

それにしてもおかみは強いからなぁ、それになかなかヤンチャだし(爆)!


Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10