前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Mike LeDonne / On Fire

On Fire



  01. Could be I'm Falling in Love
  02. Spinky
  03. Idle Moments
  04. At Long Last Love
  05. Prayer for Mary
  06. Bones
  07. In the Bag

Mike LeDonne (Hammond B3 Organ)
Eric Alexander (ts)
Peter Bernstein (g)
Joe Farnsworth (ds)
Recorded Live at Smoke NYC on May 23 & 24, 2006
SCD 2080 (SAVANT)

私がふだん好んで聴かないというメンバーながら、聴かず嫌いも良くないということで
実チェック目的で、当時購入の本作、ターゲットとしたのは、もちろんMike LeDonne
のオルガン。

Eric Alexanderについては、シーンに出てきた頃は、Coltraneイディオムも吸収した将来
有望な若手として注目し、実際に生でも聴いたこともあったテナーマンでもあり、そのダ
イナミックで上手さもあるプレイぶりに、進化を楽しみにしていたところもあったのです
が、長年、あまり変化を見せないタイプのようです。
私の求めるのは、やはり現在進行形で将来に向かって進化による変化の見込める感性とい
うことで、この点、Ericには、ちょっと不満が残ります。

実際、本作を聴いてみて、そういった事は、このメンバー全員にも、少なからずあてはま
るのではないでしょうか。
全て予測可能な展開で、安心して聴け楽しめると受取るのか否かで、本作の評価も大きく
変わるのでしょう。
ターゲットとしたMikeのオルガンも、Smith時代から続く、いわゆるオルガンらしさを演
出するためのパターン化されたプレイが随所に表れ、興ざめしてしまいます。
おそらく5年、10年後に同じこのメンバーでやったら、ほとんど同じようなプレイがまた
出るのでしょう。そう思えてしまう彼らの音です。
ひたすら楽しみを求める道楽の対象として、そこに物足りなさをおぼえてしまうのです。
つまるところ、音創りの姿勢ということになるのでしょうか。それこそが全ての基本であ
り、そこに納得できるものがないとはじまらない。

JAZZ-organ 95 amazon quick link
Mike LeDonne
スポンサーサイト

Newer EntryMatchbox Art Gallery-18

Older EntryJeff Palmer / Island Universe

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08