前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

Gina Saputo

Gina Saputo-1 Gina Saputo-2

Gina Saputo (voc)
Gerald Clayton (p)
Dan Lutz (b)
Kevin Kanner (ds)
Recorded October 2003
自主制作盤

1.I've Got No Strings
2.Street of Dreams
3.Now or Never
4.Bye Bye Blackbird
5.Body and Soul
6.Thou Swell
7.In Spirit
8.Swingin' on a Star
9.Inchworm
10. But Not for Me

米国のイタリア系女性ヴォーカリスト Gina Saputo の自主制作によるデビュー盤。
前々回の記事のGerald Clayton参加作で、彼に出会った盤として紹介してしまったので、全く
記事にする予定もなかった本盤でしたが、説明上、記事としておいた方がということで、急遽
とりあげてみました。

本作は、彼女が南カリフォルニア大学音楽部を卒業まもないころの録音らしい。
内容は、T3の彼女のオリジナルの他は、スタンダード中心の全10曲。(後に日本盤がリリース
されたが、そちらはボーナス1曲が入っているようだ。)

現代に育ち、USCを出たばかりということで今の空気感を漂わせたコンテンポラリー系とも言
えるが、基本は伝統的ジャズヴォーカルを踏まえた本格派といった印象である。
学生時代の延長上にある世慣れしてない堅苦しさを多少感じるところもあるが、この辺は経験
不足ということでしょうがないだろう。本作録音時点では、クセのない素直なヴォーカルで個
性にやや欠けるといった印象も多少持ってしまいますが、基本のしっかりした彼女は、これか
らいろいろ経験を積んでその唄にどんな味付けをして表情を創っていくかも彼女しだい。
その抜群のルックスもあり、可能性は大だ。

T5 "Body and Soul" ではしっとりとバラードでキメてます。それを支えるGerald Clayton
(B1984)のデリカシーに富んだピアノが光る。この時Claytonは、まだ10代ということになる
が、この大人の表現力には、驚きだ。

JAZZ-vocal 22 amazon quick link
Gina Saputo
スポンサーサイト

Newer EntryMatchbox Art Gallery 15

Older EntrySang Mele + / Eddy Louiss

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08