FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

Sinne Eeg

Sinne Eeg


  01. How Deep Is the Ocean
  02. Night Has a Thousand Eyes
  03. You Don't Know What Love Is
  04. Everybody's Song But My Own
  05. Comes Love
  06. Silence
  07. Month of May
  08. Close Your Eyes

Sinne Eeg (voc)
Martin Schack (p)
Kasper Vadsholt (b)
Jukkis Uotila (ds)
Recorded 2003 COPECD 072(cope records)

デンマーク生まれの彼女のデビュー作。
コンテンポラリーなテイストをちょっぴり漂わせながらも、基本はオーソドックスな
ジャズという本盤の内容です。
ハスキーぎみの声でスキャットでの表現もなかなか惹き付けるものを持っており、
T1「How Deep is the Ocean」では、その魅力的なスキャットを存分に聴かせてくれます。
哀愁漂う彼女のoriginal T6「Silence」も好みです。

私の全く個人的な好みですが、もう少しコンテンポラリーなテイストを持ったpianoであれ
ば、彼女のそんな部分をもう少し引き出せてもっと魅力的なアルバムになったかも....。
まあ、これでも十分魅力的なアルバムなんだけれどもねえ。
コンテンポラリーなテイストも度が過ぎると、味気ないVocalになるし全ては塩梅の問題とい
うことでしょうか。

JAZZ-vocal 5 amazon quick link
Sinne Eeg
スポンサーサイト




Newer EntryOpen Gate / Emmanuel Bex

Older EntryBlues Vignette / Gwilym Simcock

 

Comments

Edit
はじめまして。
なんとなく、リンク先を渡り歩いてて、ビックリしちゃいました。

丁度、、クリスさまのところで、彼女の話をしてたのですが、、
もし機会があったら、Waiting For Dawn/Sinne Eeg を試してみて下さい。
こちらの方が、J works:Viewsさまのご希望に近いかと思われるます。
Editto すずっく
すずっくさん はじめまして

ブログ始めて以来、今日は初めてのコメントを2人からいただいて
びっくりしてます。
なにせ当方、スキマ商品を並べて細々とやってるもんですから
たまにお客さんがが来ると、あわててしまいます。

ご紹介いただいた「Waiting for Dawn」は、Lars Jansson Trioが
バックをやっているやつですね。これは発売当時、一度買いにいったん
ですが、たまたま在庫がなく、結局そのままになってました。
でも、いずれ必ずゲットしなければと思っていたものです。
たぶんLars Janssonですから、すずっくさんの言う通り、当方ブログで
紹介したものよりコンテンポラリーなテイストのもので私の好みに近いかと
想像してます。
この盤に出会う日を、楽しみにしてます。

情報ありがとうございました。当方ブログ初心者なもんで、レスポンスが
悪くて申し訳ありません。
また懲りずに遊びに来てください。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10