前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Twilight / Russ Spiegel




  01. Jeannine
  02. Twilight
  03. Number One
  04. Do Nothin' Till You Hear from Me
  05. Giant Steps
  06. Brother Grimm
  07. Peaceful
  08. Fourth Floor
  09. The Night has a Thousand Eyes

Russ Spiegel (el.g, ac.g)
TorstenDewinkel (ac.g)
Christian Meyers (tp, flh)
Derrick James (as)
Jurgen Seefelder (ts)
Alberto Menendez (ts)
Allen Jacobson (tb)
Joerg Peiter (p)
Barbara Dennerlein (org)
Thomas Stabenow (b)
Sebastian Merk (ds)
Omar Plasencia (perc)
Recorded October 16 & 17, 2000
DMCHR 71026 (Double Moon)

ドイツのギタリスト Russ Spigelをリーダーとするアルバムですが、購入のターゲットは、オ
ルガンのBarbara Dennerlein(B1964)。

内容はSpiegel曲5、Ellington曲1、Coltrane曲1、他の全9曲で Dennerlein参加は2曲のみと
いう内容でしたが、当時は、Dennerlein完全追尾モードに入っていた時期でもありましたの
で、それでもその2曲がどうしても聴いてみたいということでゲットした1枚でした。

この時期、普段はストレートな4ビートJazzは、あまりやっていなかったDennerleinですが、
SpiegelのオリジナルT3 "Nomber One" では、ストレートな展開の中で、トリを飾るそのソ
ロは、この曲をきっちりしめており、独自の響きを持ったオルガニストとして、ひと際光った
その存在感を見せてくれます。
彼女の他のアルバムでは、あまり聴けない部分が聴けるという点で、私としては意味のある
本作ですが、2曲しか参加してないということで、また可も無し不可はあるというSpiegelの
ギター、あまり人にはすすめられないアルバムと言えるかもしれません。

Barbara Dennerlein関連記事は→こちらから

JAZZ-organ 84 amazon quick link
Russ Spiegel
スポンサーサイト

Newer EntryMatchbox Art Gallery-14

Older EntryAt The Kitano Vol.1 / Andy Laverne

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08