前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > ねこばなし  

我が家のネコ

neko 4-1




  我が家は、病的なほどのネコオタクが揃っている。
  いや、我が家だけにとどまらず、親戚全部がおそろ
  しいほどのネコオタクなのである。
  まあ、人ごとのように言っているが、かく言う私も
  かすかにその類いの人種であることには、違いない
  のだが....................。

  しかしながら現在の我が家は、ネコが生活する環境
  としては、甚だふさわしくなく、我が家のネコオタ
  ク達は、外部のネコを見つけては、ちょっかいを出
  しているといった塩梅なのである。

  そんな我が家だが、20年ほど住みついてる奴がい
  る。
  ちょっと変態系も軽く入り、愛嬌がないところが、
  いい味となって普段は、玄関でゲストのお出迎えと
  お見送りを無愛想にこなしているのである。






neko 4-2
義妹作
注)写真のキャラクターは、作者のオリジナルです。
  転載、複写、商用への転用などは固くお断りいたします。

Gallery-ねこばなし-5
スポンサーサイト

Newer EntryAt The Kitano Vol.1 / Andy Laverne

Older EntryVerivyr / Achim Kaufmann

 

Comments

Edit
こんばんは、

このネコ、(ねこ、猫ではなくてネコ)魅力的ですね。
眼の具合が僅かに左右ズレテイル、素晴しいです。

義妹さん、これは良いです、と伝えて下さい。
EditRe: タイトルなし
tam.raさん こんにちわ

ブスネコ系が好きな作者ですので
作るものにも、そういう傾向が出るようです。
カワ系の置物やら縫いぐるみでは、我が家には
似合わないので、ちょうどいいようです。
師匠のお褒めのおことば、作者も喜ぶと思います。
アイラーチャンにもよろしく!
Edit
J worksさん、今晩は。

このストイックな表情がなかなかいいですね。

ペーパーマッシェィで作られているのでしょうか、それとも石膏かな?
こんな猫様ならうちの家にも一匹欲しいです。

EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんばんわ

家の門番みたいなものです。猫神様といったところでしょうか。

これは、スタイロフォーム(発泡プラスチック)を削りだし、
目止め工程を経て、仕上げをアクリル系塗料(リキテックス
みたいなもの)で仕上げてます。
経年変化も、あまり無く、長持ちしていしています。
作者も筋金入りの猫マニアです(笑)。

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10