FC2ブログ

前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: piano (第3期)  

Blues Vignette / Gwilym Simcock

Gwilym Simcock

Disc 1) Gwilym Simcock - Solo / Duo
Gwilym Simcock (p)
Cara Berridge (cello)
Disc 2) Gwilym Simcock Trio
Gwilym Simcock (p)
Yuri Goloubev (b)
James Maddren (ds)
Recorded 2009 SRCD 32-2(Basho)

彼の形容詞によく天才ということばが使われているのは、このまわりの評判をあまり気に
しない私の耳にも入っていた。
そこで、百聞は一聴にしかずということで、まずは聴いてみようというのが購入きっかけ
でした。きっかけは、いつもたわいもないことから、そんな先に大きな出会いが待っている
かもしれないという淡い期待とともにはじまる。

基本的なことだが、まず音がいい。pianoを知りつくしているからこその音だ。細部まで
きちっとキメてくるテクニックは、アップテンポでも、鋭く切り込んでくる速いpassage
でも余裕を感じるぐらいだ。全体的に音の選択には、非常にセンスを感じるものがあり、
その新鮮なフレーズは、彼独自の語法を持ちつつあるということでもありましょう。
Disc 2 t4「Black Coffee」の新鮮な解釈、そしてDisc 2 t7「Cry Me a River」などの
Balladでは、甘くなり過ぎず、きりっと辛口に締め、硬質で透明感ある音のイメージと
相まって、この俗っぽさのある曲を気品あるBalladに仕立て上げている。
このきっちりとした、たたずまいは、同じ英国の大先輩 John Taylorに通じるものがあるし、
明らかにKeithの匂いのする部分もあるなど、その辺は多くの欧州若手pianistと共通する部分
もあるようで、彼の出発点がその辺にあったこともうかがえる。

とまあ、いいことばかり並べてしまったが不満がないわけではない。
私のちょっとしたイメージなのだが、この寸分の狂いもなく細部まできちっと、理詰めで
音を並べてくるようなプレイと「清く正しく美しく」というような美のあり方に私の感性が
ちょっぴりNOのサインを出してしまうのも事実だ。
おそらく、これまで順風満帆できたであろう彼のpiano人生、まだ若い彼は、これからいろ
んな経験を経て、自由な心の表現を真に体得した時に、とてつもないpianistになる可能性が
ある、そう思わせるpianistだ。

JAZZ-piano 5 amazon quick link
Gwilym Simcock
スポンサーサイト




Newer EntrySinne Eeg

Older EntryBetween Spaces / Jalazz

Trackbacks

Gwilym Simcock / Blues Viginette 2009 Basho Music Gwilym Simcock (p) Cara Berridge (cello) Yuri Goloubev (b) James Maddren (ds) 本国イギリスでは次世代を担...
2枚組みで一枚はソロ、ですからお値段も決行してというので拾わなかったのですが、よさそう観がつのっていたら、中古屋さんで1,200円であったので、これはもちろん拾って大正解のアルバムです。1枚目がピアノソロとチェロとのデュオ、2枚目はトリオ演奏です。ジャケが...

 

Comments

Edit
J worksさん、今晩わ。

実は、拙ブログの読者でドイツ在住のLaieさんが、この人の
ライブを観に行ってきたと、お話してくれたので、それにつられて
久しぶりに引っ張り出して聴いているうち、やっぱりこいつは
タダものじゃない! と感心し、記事を書いてみた次第です。

書くにあたって、当然、ネットで検索しましたが、ほとんど日本語の
個人での記事はなく、唯一あったのがJ works さんの記事でした。

ですから、既に拝見させていただいていましした。

僕はけっこうテクニック嗜好なので、こういう馬鹿テク者は好きです。
まあ、聴き方が浅いといえば、そうなんでしょうね。
今日は彼がホルン吹いているアルバムを聴いてます。
これもなかなか良いです。ホルンに対する偏見を吹き飛ばしてくれる
凄い演奏です。

ということでTBさせていただきますが、どうも J works さんの
TBが届いていないようです。ご面倒をおかけしますが、
再度トライしていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

EditRe: タイトルなし
crissさん、こんばんわ。

コメントありがとうございました。
こちらからのTBは、やはりうまく機能しないようです。
こちらの編集欄には、送信済みとしてcrissさんのTB URLは記録されているのですが、
これ以上のことは、半ビギナーの私には、よくわかりません。
お疲れのところ、これ以上は面倒になりますので、適当なところでギブアップしましょう。
いろいろお手数かけ申し訳ありません。
Edit
J worksさん、こんにちはmonakaです。
このアルバムはよさそうだとおもいながらスルーしていました。
crissさんの記事で是非いつかとおもっていましたら、出会いました。
出会えてよかったアルバムです。
EditRe: タイトルなし
最中さん おはようございます

コメントありがとうございます。
このピアノにはジャケットのようにキリッとした
清々しさとともに可能性を感じてしまいます。
なんとかいい方向に伸びていってほしいという思いです。
それにしても2枚組1200円、しかも内容良し、良い買物を
されましたね。

ブログの方には Simcock の新作ソロの記事もUPされてる
ようで、参考にさせていただきます。

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10