前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

What Love is / Erin Boheme

Erin Boheme-2

Erin Boheme (voc)
Taylor Eigsti (p) David Foster (p) Mike Melvoin (p) Billy Childs (p)
Larry Koonse (g) George Dearing (g)
Christian Scott (tp)
Tom Scott (sax)
Brian Bromberg(b) Kevin Axt(b) Chuck Berghofer(b) Harish Raghavan(b)
Gregg Field(ds) Vinnie Colaiuta(ds) Aaron McClendon(ds) Joe LaBarbera(ds)

Recorded 2006 (Concord)

01. Someone to Love
02. One Night with Frank
03. Let’s Make the Most of a Beautiful Thing
04. What Love Is
05. Teach Me Tonight
06. Make You Happy
07. Give Me One Reason
08. Anything
09. Let’s Do It
10. I Love Being Here with You
11. Don’t Be Something you Ain’t
12. I See Your Face Before Me
13. Change the World

録音時、18才という若さながら、思い切りの良い大胆さと微細なニュアンスまで伝えきるナイーブな表現力、そして18才の初々しさと多少の汚れ感をも
漂わせた大人の表現力とを兼備した彼女の唄の広いレンジと感情注入力には驚かされる。

現代的でPOPな雰囲気を漂わせながらも、深いところでは伝統的な濃いJazzのspiritも感じさせる彼女は、シナトラ好きの少女であったらしい。

このアルバムリリースから、すでに4年ほど経過しているが、次作の録音情報もなく、大きな可能性を秘めた彼女は、これからどんな道を歩もうとしている
のであろうか。

                  

JAZZ-vocal 4 amazon quick link
Erin Boheme
スポンサーサイト

Newer EntryBetween Spaces / Jalazz

Older EntryViews / Jesse Van Ruller

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08