前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: Gallery > ねこばなし  

Training

おいら シロウ。
今は、とりあえずご主人さんのところで厄介になっちまってるが
おいら基本、流れ者。(早い話がノラなのだが、それではあまりにもカッコ悪いので、
本人から流れ者と言ってくれということだった。)
今はご主人さんが食べ物のめんどうみてくれるんで、ちょっとだけ気楽。
えっ、おいらの好物は何かって?
鳥のささみ、これだね。しかも一度軽~く湯通しして
中が半生、ここがミソだね。
ご主人さんにも、すっかりおいらの好みを覚えてもらっちまったようだ。
しかし毎日、食っちゃ寝の生活で、体のキレもすっかり悪くなっちまった。
男一匹外に出れば、何があるかわからない。
好むと好まざるとにかかわらず、戦わなければならない時もある。
でっ、思い出したように、庭に出て腹ごなしにトレーニング。
いつ何時流れ者の生活に復帰しても、いいように体のキレだけは、
維持しておかねばならない。これを怠ると命取りだ。
流れ者の世界は厳しい、ちょっと油断すれば殺られる、弱肉強食だ。
でも、ある意味その緊張感がたまらないのかもしれない。
(生意気にも一丁前のことを言うネコなのである。)


庭の木を相手に猫パンチを繰り出してはトレーニング。(というよりは、単なる遊びだけどね)
おいら、飛んで来る虫なんか、百発百中で落とすんだぜ!
Shirou 3-1


敵に忍び寄る動き、これは必須だね!
こうして見ると、キレがあるというか、おいらもなかなか精悍だね!
Shirou 3-2 Shirou 3-3

関連ばなし)1 Introducing Shirou !
      2 惰眠

Gallery-ねこばなし-3
スポンサーサイト

Newer EntryBlack Wine / Maciek Grzywacz Trio

Older EntryFrom Sun To Sun / Sam Yahel

 

Comments

Edit
J worksさん、おはようさんです。

最近、どっぷり嵌まり聴いている路線(50-60年代ブリテッシュ・ジャズ)とかなり違うのでこういう話題のコメントしか残せないのがちょっと残念ですが・・・

シロウ君は、いかにも青年って感じがしますね。その鋭い目つきに機敏そうな筋肉のしまった腕など。世渡りは上手そうな雰囲気もいいです。

尻尾のほんの少し横しまが入っているのもお洒落です。

しかし鳥のささ身って、ダイエットにも気をつけているのが凄いね(笑)
EditRe: タイトルなし
まん丸さん おはようございます

道楽においては、自分のエリアを持つ事、何より
だと思います。
そこを極めたら、次のエリアに進む気力も失わない
でください。だんだん難しくなります(笑)。

シロウ君は、推定年令3~4才で、人を怖がらない性格から
生まれつきのノラではなかったような気がします。

結構ぜいたくな奴で、まぐろも好物です。
いいものを食べさせて、流れ者復帰を断念させる
魂胆が見え隠れします(爆)。

ブログの方は、こざっぱりと模様替えされたようで、
なかなかエエ感じです。

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08