前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: vocal  

"Don't Explain" / Billie Holiday

Jazzにおけるアドリヴという部分に魅力を感じていた私は、スキャットという手法がある
にせよ、歌詞という制約のあるVocalは、インスト物に比べ即興性が薄くなるなどと、硬派
jazzファンを自認する私は勝手な理由をつけては、特別な例外を除き、長年Vocalを避けて
きました。(その辺は、"Vocal編プロローグ"でも述べております。)
その数少ない例外の1人が Billie Holidayです。前回記事のDexter Gordonの"Don't Explain"
も私が初めて出会ったのは、この彼女自身の歌詞によるBillieのものです。
歌詞だけ見ると何と他愛も無いものですが、これをひとたび Billieが歌うと、命が吹き込ま
れ、リアリティーとともに訴えかけてくる心動かされる曲として生まれる................そんな
感覚を味合わせてくれた数少ない歌手でした。
長年Jazzを聴いてますが、これほど唄に心を感じる歌い手は、いません。
オシャレ系全盛の昨今、こういう歌い手は、もう出てこないのかもしれませんね。


DON'T EXPLAIN
Billie Holiday / Arthur Herzog Jr.
  
  Hush now, don't explain
  Just say you'll remain
  I'm glad your back, don't explain
  Quiet, don't explain
  What is there to gain
  Skip that lipstick
  Don't explain
  You know that I love you
  And what love endures
  All my thoughts of you
  For I'm so completely yours
  Cry to hear folks chatter
  And I know you cheat
  Right or wrong, don't matter
  When you're with me, sweet
  Hush now, don't explain
  You're my joy and pain
  My life's yours love
  Don't explain




JAZZ-vocal 18 amazon quick link
Billie Holiday
スポンサーサイト

Newer EntryPatience / Stephane Kerecki & John Taylor

Older EntryA Swingin' Affair / Dexter Gordon

 

Comments

Edit
J worksさん、今日は。

丁度、いつも楽しみにしているデューク・アドリブ帖の今週の御題が同じトピックでした。この曲オリジナルの Billie よりも他のヴァージョンの方が好きだったりします。 私にとって Billie はちょっと暗くて重すぎるというか長い間彼女のヴォーカルを消化しきれない時期がありました。

私のお気に入りは Etta James, Molly Johnson, Helen Merrill のヴァージョンなどです。R&Bでは若いのに歌唱力の高い Polly Gibbons にあっと言わされました。この曲を歌えるヴォーカリストは本当は少ないのではないかと思います。人生経験を積んでいるから歌える一曲なのかもしれませんね。
EditRe: タイトルなし
まん丸さん こんばんわ

明るくハッピーなものより、暗いものに、より反応してしまう
私でも、昔、初めてBillieを耳にした時は、ひいてしまいました。
まあ、聴いた曲も悪かったのですが、
"Strange Fruit"(奇妙な果実)、後から知ったのですが、これって
リンチで縛り首になり、木にさがっていた黒人のことなんですね、
道理で暗く重いわけだった。
初めての出会いがこれだったので、私の中でのBillieのイメージ
も、すっかりこの感じで出来上がってしまったようです。
しかし、この場面が目に浮かぶほどの、リアリティーある歌には、
天性のものを感じてしまいます。
Billieの歌では、他に"Yesterdays"という大好きな1曲があります。

この"Don't Explain"ですが、後に出会ったCarmen McRaeも良い
です。Helen Merrillのあの盤は、どうもBrownのtpの方へ耳が
行ってしまいます。デュークさんの紹介されているInger Marieは
私も持っていますが、どうも初聴印象があまり良くなかったので
以後聴いたことなかったのですが、ちょっと間も空いたので
あらためて聴いてみましょう。間を置いて聴くと、結構印象が
変わる場合があるので、そこに期待してみます。

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08