前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: organ (第2期)  

Poisson Nageur / Gerard Marais

Poisson Negeur

Gerard Marais (g)
Emmanuel Bex (org)
Aldo Romano (ds)
Recorded 1992 AU Studio M.C. Limited (Paris)

購入ターゲットは、オルガンのEmmanuel Bex(B1959)。
Gerard Marais(B1945)は、フランスのギタリスト。このブログでも記事歴のある同じフ
ランスのMarc DucretやClaude Barthelemyより一回り上の世代で、彼らの派手なプレイ
スタイルと比べると地味な印象を受けるが、70年代以降、フランスのJazz Sceneを支えて
きた重要な存在であり、80年代以降 ギターによるビッグバンドを結成するなど、その活動
は多岐に渡っている。
彼は、テクニックにまかせて弾きまくるようなタイプではなく、本作での彼のプレイも
間の取り方、フレージングなどの端々に非常にセンスの感じられるものとなっている。
その音処理には、同世代のAbercrombieや一世代若いScofieldなどを意識したような部分
も感じられ、ベテランではあるが研究心旺盛なところも見せてくれる。
こういったオルガン・トリオというフォーマットでのプレイもめずらしく、彼を知る上で
は貴重な一枚と言えるでしょう。

さてBexですが、本作録音時は30代前半ということで、彼のキャリアからすれば、まだこれ
からという時期になりますが、すでにその個性的なスタイルは、できつつあり、若い頃から
独自の道を歩んできたOrganistであることを確認できます。
同じフランスには、Organistとして大先輩のEddy Louissがおりますが、おそらく何らかの
接点はあったのではと思います。
本作では、リーダーでもある先輩のMaraisのバックにまわり、終始堅実なプレイを見せてい
ますが、随所に光るものも感じさせ、若き日の個性派Organist Emmanuel Bexを知る上でも
貴重な一枚となっています。

Bexに関しては、このブログでは、多数関連記事がありますが、ここに表記しきれませんの
で、必要な方はお手数ながら検索 "Emmanuel Bex" またはカテゴリー "organ" よりお入り
ください。


Seamus Blake Quartet Live at Swing Hall

Seamus Blake (ts)
David Kikoski (p)
Matt Clohsey (b)
Ari Hoenig (ds)
at Swing Hall Musashino, Tokyo on May 15, 2011

Live Reportとして一つのまとまった記事にするつもりでしたが、今週は時間がとれません。
簡単に書いておきます。
ここ武蔵野スウィングホールは、昨年9月のAlessandro Galatiソロ・コン以来、久しぶりです
が、程よいサイズと階段教室状のつくりが非常に見やすく、プレイヤーの息づかいまで聴こえ
るほどの距離感は小編成のコンボを聴くには、非常に良い環境です。
Seamus Blake Quartet Japan Tourのラストということで、特に年長のKikoski さん、ちょ
っとお疲れのようで、曲が終わるたびにピアノに寄りかかったり、足を組んだままプレイ始ま
ったりと、外見に似合わずなかなかのヤンチャなオジさんでしたが、曲が始まり乗り出すと、
完全に入ってしまいアブナイ人に豹変、紅潮した顔を激しく振りながらモーダルに攻めまくっ
てました。なかなかのキャラです。それを見たSeamusがニヤリと笑うといった塩梅です。
Ari Hoenig、アイデア豊かで多彩なプレイは、まだまだ伸びる可能性を感じます。このタイ
ム感覚と瞬間のキレは、やはり限られた人と感じられるものがあります。期待通りの使い手
でした。
どっしり安定した力強いプレイで貫禄も感じるSeamusと、まずは満足のLiveでした。

JAZZ-organ 61 amazon quick link
Emmanuel Bex
スポンサーサイト

Newer EntryPlaces You Go / Brad Shepik

Older EntryRiverview / Brian Patneaude

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08