前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: trumpet  

La Dolce Vita / Tommaso-Rava Quartet

La Dolce Vita

Enrico Rava (tp, flh)
Stefano Bollani (p)
Giovanni Tommaso (b)
Roberto Gatto (ds)
Recorded in Rome on 11, 12 November 1999 at Sonic Recording Studio
CAN 5008 (Cam Jazz)

ギャング映画のスクリーンを思わせるようなモノトーンのジャケット、どの顔も闇の世界で
生きていることをイメージさせるようで、とてもイイ人達には見えませんが、彼らが演って
いるのは、映画に因んだ曲ということで、このジャケットにも、なるほどです。

これは、一時期Stefano Bollaniを集中して聴いていた時、その頃仕入れた盤です。
音楽に関しては、熱しやすく冷めにくいという自分の癖がありますが、なぜかBollaniに関し
ては、あまり長続きしませんでした。毎度のことですが、気になるMusicianに出会うと集中
的にそればっかりになってしまい、その全てを聴かないとおさまらないという性癖を抱える
私は、集中的にため込んだBollaniの盤もほこりにまみれた寂しい状態になっているのですが、
不思議とこの盤は、ほんとにたまにですが、聴いていました。考えるに、その惹き付けられ
る要素は何かと...........映画音楽に漂う独特の哀愁なのかもしれません。そこに吸い寄せられ
てしまうようです。
映画音楽とは言っても、彼らのオリジナルも入っているという本作は、よくある企画ものに
あるようなeasyでベタなものとは全く違い、映画を題材としてそこからインスピレーション
を得て、彼らが創り出したJazzの心に溢れた音楽と言えるものではないでしょうか。
Ravaの哀愁漂うtp, flhが染みます。それを煽り、もり立てるBollaniのピアノがまたイイ仕事
をしてます。
特に冒頭の2曲がお気に入りだ。世界残酷物語のテーマ「More」における、Bollaniのなめるよ
うなピアノタッチ、久しぶりに聴いた本作ですが、Bollaniのピアノが心地良く入り込んできま
した。
またしばらくBollaniの日々、あるかも.........................などと気の多い私は考えています。

JAZZ-trumpet 4 amazon quick link
Tommaso-Rava Quartet
スポンサーサイト

Newer EntryPanoramic / Steve Cardenas

Older EntryBack Home / Pat Bianchi

 

Comments

Leave a comment







2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10