前向きに Jazz!

日々進化し続けるJazzとともに歩んできた終わりのない旅

Category: guitar (第2期)  

Panoramic / Steve Cardenas


  1.Visa
  2.Sights
  3.Isso E Para Dizer
  4.Just Like I Pictured It
  5.Walkup
  6.Oriel
  7.Introspection
  8.D. Marie
  9.Salsita


Steve Cardenas (g)
Tony Malaby (ts)
Larry Grenadier (b)
Kenny Wollesen (ds)
Recorded November 26 and 27, 2002 at Avatar Recording Studios, NYC
FSNT 171CD

Paul MotianのバンドでのRosenwinkelとのツイン・ギター他、進歩的ミュージシャンとの
交流も多いSteve Cardenas、本作ではTony Malaby (ts)が参加ということで購入のきっか
けともなりました。メンバーでは、おなじみLarry Grenadier (b)は説明の必要もないですが、
Kenny Wollesen (ds)は、当ブログでは、Sex Mob(別頁あり)などでおなじみですね。
内容は、Cardenasのオリジナル7曲、Parker曲1、Monk曲1の全9曲。

一聴して、典型的なコンテンポラリー系と言ってよさそうな感性のギタリストです。ラテン、
ボサノバ調など収録曲の曲調もあるかもしれませんが明るくカラッとしたイメージで、本作
録音時点での印象としては、メセニーあたりが頭に浮かんできます。エフェクターなどの使
い方も近いものがあり、音の質も似てます。そういう曲がないので、はっきり言えませんが、
テクニックで押し切る、弾きまくるというようなタイプではなさそうです。とは言え、技術
的にはしっかりしたものを持っておりあくまで、抑制ある、節度あるといった中での理知的
表現が持ち味のようです。こんな書き方をすると、ハメを外すこともないおもしろくない優
等生みたいな印象になってしまいますが、決してそんなことはありません。モダニズム溢れ
る、現代NYの空気感を持ったコンテンポラリー系ギタリストとして評価できると思います。

この盤購入時の期待としては、Tony Malabyの感性に引っ張られてCardenasのギターもち
ょっと良からぬ方向へという期待もあったのですが、それに反し内容の方は、やはりアルバ
ム名義人のCardenas、しっかりした人のようで、彼の感性、スタイルが前面に出たものとな
っています。そんな中にあってMalabyも至って真っ当なプレイに終始するという展開になっ
ており、彼の尖った部分に期待して本作を聴くと肩すかしを食らってしまいます。
しかしながら、こういったノーマルな展開においても、その余力を十分に残した余裕の中で
の無理のない実に自然な歌心と旨味のあるプレイで単に尖った人ではないことを十分に感じ
させるものがあるとともに、Cardenas のコンセプトに沿ったアルバム創りに大いに貢献し
ているのではないでしょうか。
でもやっぱり明るく爽やかな顔よりダークで怪しい顔のMalabyの方が、私には相性がいいよ
うで。

JAZZ-guitar 21 amazon quick link
Steve Cardenas
スポンサーサイト

Newer Entry楽天ブログのTB機能停止に思う

Older EntryLa Dolce Vita / Tommaso-Rava Quartet

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 08